2018年05月20日

辛辣な文章を書くしかない状況

(現時点で)おれの応援しているチームのホームゲームが、昨日行われた。


そのチームは、4部リーグから5部リーグに降格したのに、観客が減ることはない。

昨日に至っては、明治安田生命様の動員があり、メインスタンド席が完売する盛況っぷり。

DSC00371.JPG

いつもなら、バックスタンドに大勢来ている子どもたちは、学校の運動会のため欠席が多かった。それでも、観客動員は1,000人を超えた。

DSC00374.JPG


おれは珍しくメインスタンドにいたが、試合は早い時間から動いた。

バックスタンドにいる声出しは、前半から「カモン〇〇」を歌い続ける。

(この歌の本家はVERDY)



おれが「カモン〇〇」の歌い方を、メインスタンドのみなさんへ説明している間に2点取られた。

意気消沈する展開だったが、一部の明治安田生命様の応援は、ひたすら続いた。

しかし、3点目を取られて前半終了。


後半も、選手の「何とかしたい」気持ちは伝わったが、スコアは動かず試合終了。

メインスタンドで観戦していた都並氏と齋藤氏が、試合中に一言も大声を発しなかった。「ぐうの音も出ない」完敗だ。

(参考:2週間前の試合にて)




試合後は、明治安田生命様と選手の記念撮影が行われた。
DSC00375.JPG


さらにその後、チーム後援会主催による交流サッカーが行われた。
(レナチーニョや山岸がプレーした直後のピッチで、おれみたいな素人がボールに触れられる時代になった。感慨深い)

陸上競技場の関係者と、選手たちのおかげで、プレーを楽しむことができた。
(仮キーパーとしては、選手たちがゴール近くでボールを持つと、本当に怖かった…)
DSC00376.JPG




(以下、辛辣な文章が続く)


昨日は、(非公式含め)浦安市陸で行われた3年間の試合の中で、一番醜いものだった。


チームの中で5部リーグレベルなのは、試行錯誤が続く声出し応援と、昨日のサッカーくらいだ。


降格したのに、子どもたちの応援や観客動員、スポンサー様の支援は、昨年と大きく変わらない。


しかし、7月も8月も9月も今日のような試合内容だと、その状況は確実に変わる。

分かりやすい例でいえば、明治安田生命を代表して始球式を行っていただいた方が、試合後には不満顔だった。都並氏と齋藤氏にどういった言葉を掛けたのか、気になるところ。選手に対する意見なのか、選手の編成に対する意見なのか、はたまた今夜の居酒屋の相談か


そうなると、シーズンオフは昨年同様に大きな動きとなる可能性が高い。


シーズンオフの話をするのは早いと思うかもしれないが、1年のスパンを「チーム始動日からリーグ戦終了まで」とすると、既に半分以上過ぎていることに気づいている人はどれくらいいるだろうか?
(全社本戦や地域決勝に進めたら、シーズンはもっと長くなるが)


現時点で、「子どもたちの応援や観客動員、スポンサー様の支援」に見合った活躍をしているブリオベッカの選手は、そんなに多くない。


ひょっとしたら、「栃木ウーヴァ」や「VONDS市原」のスタメンではない選手のほうが、実力は上だろう。
(その選手も、チームがJFLに昇格した場合、余剰戦力として退団するだろう。後に浦安へ入団した場合、即スタメンとなる可能性が)



チームの成績以前に、1人の選手として現状以上の環境で居続けたいのであれば、練習でベストを尽くすことを続けてほしい。


ブリオベッカのトップチームは、清水康矢ですら退団するほどシビアな世界だ。
posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 08:42| Comment(0) | 「魔境の関東」平成最後の年ver | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

少しだけ成長している

本日は、全国各地で天皇杯都道府県代表決定戦が行われた。

千葉県では「ブリオベッカ浦安vsVONDS市原」の試合が開催。


2年前にも、同じカードで代表決定戦が行われており、そのときは2-0でVONDS市原の完勝。


負けに不思議の負けなし!

浦安ファンからすれば、悔しさを通り越して「怒り」の感情が湧き出る試合だった。
(おれは、あらゆる感情を通り越して「無の境地」だった)


今日の試合は、VONDS市原が圧倒的優位。浦安が「自分たちのサッカー(試行錯誤を始めた段階)」でどこまで善戦するのか?という構図だった。


DSC00171.JPG


DSC00170.JPG


キックオフ直前に、浦安が「新しいフォーメーション」であることを把握。


「自分たちのサッカー」への本格的なチャレンジが始まった。


前線ではない選手もいいシュートを打ち、予想に反して五分五分の展開。

浦安のDF陣も踏ん張り、VONDSの強力なアタッカーには、決定的な仕事をさせない。

前半はスコアレスで折り返す。

後半はVONDSが決定機を作り始め、浦安GK山田のファインセーブが目立ち始める。その矢先、セットプレーの流れからVONDSが先制点を挙げる。

今までの浦安なら、選手が下を向く展開だったが、今日は違う。

痛い失点を喫しても、選手は落ち込むことなく反撃に出る。

キックオフから1分経たぬ間に、田中貴大のクロスから、最後は村岡が押し込んだ。(副審が顔の真上で旗を振った瞬間、おれは同点なのに大喜びした)


しかし、その直後にアクシデントが。村岡が頭を打ち負傷退場してしまう。試合は5分以上中断。

中断明け、VONDSのショートカウンターが発動し、勝ち越しを許す。


浦安は途中出場の幡野が中心になって同点を狙うも、ラストパスの出し手と受け手のリズムが合わない。このまま試合終了。



試合後は、お互いに相手のチームコールをしたが、江戸川クラシコで負けるより、ずっと「悔しい」。天皇杯代表を逃し、すぐに切り替えることはできない。一部の浦安ファンは、VONDSサポに会った模様だが、おれにそんなことはできなかった(村岡の負傷退場も、今後を考えると非常に痛い)…



本当は、応援席の様子も書きたかったが、今日はこの辺りで終わり。



今夜、羽田空港から海外に行ってくる!
posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 20:35| Comment(0) | 「魔境の関東」平成最後の年ver | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

ブリオベッカ、歴代キャプテンの役割とは

春の嵐が関東に吹き荒れた昨日、ブリオベッカ浦安のホームゲームが浦安市陸で行われた。

キックオフ時刻が15:30なので、昼過ぎに着いても時間を持て余す、はずだった。その間、


おれは隣接する野球場で




高校野球春期県大会予選をじっくり観戦。浦安ファンが数人、同じように観戦していた。

このゲームを観るために、舞浜へ来てよかったと思える試合だった。


野球の試合終了直後の14時ころ、オルハさんの肉料理が販売開始。ジャークチキンは相変わらず美味(写真なし)。

浦安市陸が開門。

2週間前のように海風が強い。

今日も声出し応援のエリアに、他チームのファンが数人来てくれた。中にはお土産(きび団子や菓子)を持ってきてくれた方もいた。ありがたいことだ。

小さいお子様からは、↓をいただいた。
DSC00146.JPG

声出しエリアで、いろいろな話をしているうちに、選手がアップのためにピッチへ出てくる。


今日は「なぜか」太鼓が複数あり、子どもを含めて、叩くファンが続出した。

おれは、この時点で、バックスタンドで応援できてうれしいと感じていた。


練習を終えた選手が、一旦控え室へ下がる。
スタンドを見渡すと、開幕戦ほどではないが、昨年の柏の葉開催時よりも多くのファンが来ていた。
(公式発表で458人)


そして、選手入場。

いつも通りの歌で、いつも通りスタメン選手のコールをして、キックオフ。

DSC00145.JPG


立ち上がりはチャンスもピンチも少なく、穏やかだった。

浦安は、自陣でもつなぐので、DFラインでのボールまわしは、相手の強いプレスを受けやすい。特に、今年キャプテンを務める富塚は四苦八苦する場面も見られた。
応援席は、ざわつくこともあった。しかし、そんな雰囲気で、選手が成長することはない。選手の足を引っ張っているだけだ。
良いチャレンジだと思ったら声援を送り、変なプレーが見られたら励ますことが、おれの基本的な観戦スタイルだ。今の応援は、「半分自然発生的」になっているので、ピッチ内もピッチ外も試行錯誤といったところだ。

膠着した展開を打ち破ったのは、浦安だった。右サイドからクロスを上げると、そのこぼれ球を拾ったのは坂谷。豪快にネットを揺らし、先制点を挙げる。

エレクトリカルパレードが、バックスタンドで始まる。開幕戦は芝生エリアで応援したので一体感はさほど味わえなかったが、今日は違う。一体感を感じる。

得点直後も、「楽しむよりも浮かれない」ことを心掛けながら応援を続ける。
ピッチ上でキャプテンの富塚は、声を張り上げ選手を鼓舞する場面もあった。ほんの少しではあるが、キャプテンの役割は果たしているように見えた。
しかし、流通経済大学FCに同点ゴールを決められる。それでも、応援は続く。子どもたちも、自然発生的な応援で選手を後押しする。

このままスコアは動かず、前半終了。
ハーフタイムは、べか彦のダンスがピッチ上で披露される。いつもなら、拍手しながら見ているが、
今日は一緒に踊った(第三者がみれば、タコ踊りをする変質者だったかもしれないが)。

そうでもしないと、寒いからだ。子どもたちも何人か踊っていたが、べか彦や子どもたちは「笑顔で」踊っていた。もちろん、おれには無理。


勝負の後半。

最終ラインは、前線へ良いパスを送るも、チャンスにもっていけるシーンは少なかった。
おれにとって、この時間帯の浦安は「ハンス・オフト率いる浦和レッズ」のサッカーに見えた。

当時のレッズは、自陣でボールを回し、相手にあえてプレスをかけさせる。相手が前がかりになったところで、裏に長いパスを出す。そのパスをエメルソンや田中達也が仕留める。そんなサッカーをしていた試合があった。

しかし今の浦安に、自陣でのパス回しが上手な選手は、そんなにいない。とてつもないスピードのあるストライカーもいない。

試行錯誤の続くサッカーを相手にして、流通経済大学FCの選手たちは、実力を発揮し始める。

雨や風をも味方につけるように、勢いに乗った攻撃を繰り出す。浦安は何とかゴールを割らせない守備が続く。それでも、危険な位置でファールをしない粘り強さはあった。ゴールライン上で、フィールドプレーヤーがクリアするシーンもあった。

残り10分を切ってから、交代カードが5枚まで使えるルールを活かし、浦安は攻勢をかける時間もあった。しかし、チャンスらしいチャンスは、ほとんどなかった。



引き分けが濃厚となった後半45分、浦安市陸に歓喜が訪れる。

左サイドでボールを前に運び、相手DFラインの前で逆サイドに展開。

この日が初出場となった太田泰河がパスを受ける。すかさず前に出して、長い距離を走っていた秋葉勇志がワンタッチでシュート。

見事にゴールが決まり、貴重な勝ち越し点を挙げる。

応援席は喜びが爆発していた。声出しも、子どもたちも、めちゃくちゃ喜んでいたが、ピッチ上もすごかった。








重責を担っているセンターバックの富塚はもちろん、ゴールキーパーの山田まで駆け上がって来ていた。


その姿を見たおれは、ピッチの真ん中に視線を移す。センターサークルに立っていたのは、反撃したい流通経済大学FCの選手

ではなく


笠松亮太。


このゴールシーンの前後に、歴代キャプテンの個性が表れているようにみえた。


残るアディショナルタイムの反撃を耐えて、試合終了。


ブリオベッカが、勝利を挙げた。




試合後は、歓喜のラインダンスが行われる。何度やっても、幸せを感じる光景だ。









ブリオベッカは、羽中田監督が率いて、新しいスタイルに試行錯誤している。

スタイルが変わっても、選手たちがハードワークをし続けることは変わらない。いつだって、その先には、子どもたちの笑顔が待っているのだから。




追伸:おれと声出し数人で撤収していたとき、チームの応援幕をボランティアの方と都並さんが片付けてた。ある意味すごいハードワークだと思っていたら、声出しの1人がFOOT×BRAINの特集について質問していた。
 個人的には、「日本代表監督就任のオファーはなかったんですか?」と質問したかった…

 今にして思えば浦安市陸にいる間、一切日本代表の話は出なかった。それくらい、みんなブリオベッカに(スタグル&べか彦を含む)夢中だったのだろう。
posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 21:49| Comment(0) | 「魔境の関東」平成最後の年ver | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

横浜猛蹴は自然体。だから強い。

春らしい陽気な気候となった昨日、関東サッカーリーグ1部 横浜猛蹴のホームゲームが保土ヶ谷公園サッカー場で行われた。

DSC00135.JPG

DSC00136.JPG


関東リーグやJFLで使用するのにピッタリな環境のサッカー場で、観戦するテンションも上がる。

DSC00137.JPG

試合前のシュート練習で、相手選手たちは、芝生観戦エリアにどんどんボールを蹴り込んでくる。ゴール裏住民としては、理想的な距離感だ。

地域リーグらしく、特にアナウンスのないまま、選手入場を迎える。

横浜猛蹴の写真撮影は、いつも通り自然体だった。





そして、キックオフ。

横浜猛蹴は、相手チームに一方的に押し込まれる展開となる。しかし、相手チームがチャンスを逸したこともあり、スコアレスで前半を折り返す。


迎えた後半、相手チームが先制点を挙げる。相手チームのファンは、目の前でゴールが決まり、ハイタッチの嵐のち「エレクトリカルパレード」を繰り広げる。実に楽しそうだ。


なのに、その間、横浜猛蹴の選手で下を向く者はいなかった。
エレクトリカルパレードが終わった直後に、同点ゴールをたたき込む。

相手選手が意気消沈しているのを見逃さず、すかさず逆転ゴールを決める。


交代カードが5枚まで切れることもあり、ビハインドを負った相手チームは、すかさず選手を替える。
横浜猛蹴は、ずっと守勢だったが、決定的な場面はほとんど作らせない。

攻勢に転じたとき、崩しきれない場合は、多少遠目からでもミドルシュートを撃っていた。相手にカウンター攻撃をさせない有効な手段だ。

相手チームは、交代枠をフルに使い、ロングスローを発動させるなど、あらゆる手段を尽くしたが、ゴールを割れず。このまま試合終了。

2−1で横浜猛蹴が勝利を挙げた。


整列の直後に、横浜猛蹴の選手たちが相手チームのベンチへあいさつに向かう。
そのとき、相手チームのファンから「横浜猛蹴!」コールが起きる。
横浜猛蹴のファンからは、お返しのチームコールが。


相手チームの選手たちは、ファンにあいさつしたが、選手の表情は「自分自身に腹が立っている」ように見えた。仕方のないことだろう。

一方の横浜猛蹴の選手たちは、大喜びで記念撮影をしていた。とてもカッコよく見えた。

DSC00140.JPG

その後、相手チームのファンのところへ、あいさつに向かった。





相手チームのファンは、発破をかける。
「自信をもっていいぞ!でも、こんな雑魚チームに勝ったからって、喜びすぎだぞ!」
(ここら辺から、横浜猛蹴の選手たちは笑い始める)
「ウーヴァやユナイテッドに勝ってから、大喜びしてくれ!!」

そして、別のファンは
「とーゆな、たおせ!たける!!」
コールを猛蹴の選手に送っていた。





ここから本題


まず、試合後に横浜猛蹴の選手たちへ発破をかけた相手チームのファンは、おれだ。偉そうな発言で失礼だったかもしれないが、本音を叫んだ。

ブリオベッカ浦安は、1−2で負けた。しかし、「悔しい」という気持ちは、ない。試合終了直後も、現在も「敗戦は必然」だと考えている。主な理由は以下の2点。


・サッカーは「弱連結のスポーツ」(ストロングポイントよりも、弱点のほうが勝ち点に大きく影響する)なのに、弱点を改善する気配がないまま今シーズンを迎えたこと

・選手たちのメンタル面が、全く改善されないこと


特に、メンタル面については、
「○○する」「○○をしよう」ではなく
「○○しない」「○○をしなければならない」という悪循環に陥っていると思われる。
この悪循環は、簡単に抜け出せないだろう。なぜなら、試合中に「○○するな!」「○○をやれ!」と怒鳴り散らす(散らした)居丈高な人がチーム内にいるから。


この試合でもシュートを決められず、頭を抱えてしゃがんでしまう選手が何人かいた。

特に、至近距離のシュートをポストに当てて、そのボールがPA内で転がっているときに頭を抱えた選手については、

「やれよ!こけてんじゃねぇよ!お前!」
のような厳しい言葉を浴びせた。

参考:



おれの記憶上、2〜3年前にブリオベッカで大活躍したストライカーは、シュートを外しても頭を抱え座り込むことは、1回もなかった。



失点しても、下を向くことなく反撃に打って出た選手たちのいるチームが勝利。
失点して弱気になる選手や、シュートを外して頭を抱え座り込む選手のいるチームが敗北。

必然の結果としか言いようがない。




サッカーは、基本的に足でボールを扱うスポーツなのだから、決定機を外すことは仕方ない。
日本を代表する選手ですら、決定力がないと言われるのだから。
ハリルホジッチ監督が日本の決定力不足に警告。W杯前回王者を引き合いに”シュート”を力説(サッカーダイジェスト)


しかし、試合中に下を向く選手については、今後も厳しい言葉を言い続けるだろう。
浦安のジュニアユースの子どもたちにとって、トップチームの選手は「憧れの存在」であり続けてほしいから。




万が一、トップチームの選手が下を向き続けるのであれば、おれは


スーツ&オールバックの髪型&フチなし眼鏡&鉄パイプ装備で浦安市陸に行く。
posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 22:09| Comment(0) | 「魔境の関東」平成最後の年ver | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

ブリオベッカ、浦安市陸から再出航

天気がよく、桜も満開。日曜日。

DSC00133.JPG

浦安市運動公園には、多くの子どもたちや家族連れが来園していた。


そんな「絵にかいたような行楽日和」の中で、

「魔境の関東サッカーリーグ」が開幕した。

DSC00132.JPG

おれは開門前から競技場前に来て、ジャークチキン・オルハさんで食事。

DSC00130.JPG

この店の料理は、「日本一、肉にうるさいサッカーファン」こと鹿島サポも絶賛するほどおいしいので、ご賞味あれ。

肉料理を幸せそうに食べているファンを見ていると、試合観戦に来たのか花見に来たのか分からない状況だった。


そんな中、ブリオベッカの選手数名が、自転車で競技場入りする姿を見ると、関東サッカーリーグに来た実感が湧く。


その後、11時30分に開門。

晴天も相まって、頭の中で勝手に、↓のBGMが流れてくる。


実際に歌おうと思ったけど、あまりにもキーが高いため自粛。


ファンが所有している横断幕を掲出し、選手がピッチ内練習に出てくる(スタンドに向けて、サインボールの投げ入れが行われた。どんな形であれ、競技場での滞在時間を長くさせる試みは、よい)。

浦安市陸のゴール裏にある芝生で応援するのは初めてだったので、弾幕の掲出位置や応援場所等で戸惑う。

キックオフ40分前に、両チームの選手紹介のアナウンスが入る。

アウェイチーム・さいたまSCの紹介も丁寧に行われ、「地域リーグらしからぬ」雰囲気が漂う。

迎え撃つホームチーム・ブリオベッカの選手紹介が行われたが…昨年とは別のチームを応援するような感覚になる。選手が半分以上入れ替わり、楽しみ半分・守備の不安半分という気分でコールをした。


その後、声出しファンは、作成したチラシを観客のみなさんに配る。
チラシの内容について、どういう意見・感想を持ったのか気になるところ。

キックオフ直前に、浦安市長・浦安市市議会議長・浦安サッカー協会から激励のあいさつをいただき、

選手入場。

この頃になると、メインスタンドは8割近くが埋まり、バックスタンドはサッカー少年たちで9割くらい埋まった。
否が応でも、気分は高揚する。


とはいえ、一抹の不安があった。それは、「試合観戦に慣れていないファンが、ため息ばかりついて、その雰囲気で選手が自滅すること」


いざ試合が始まると、浦安の選手たちは、ボールをどんどん回す。
決して自由自在というわけではなかったが、時にはいい崩しも見られた。

柏瀬は、得意とする裏への抜け出しはあまりなかった。しかし、村岡とのコンビは悪くなかった。

おれの目を引いたのは、新加入の石井 光(イシイヒカル 背番号20)。
相手を崩す糸口になるパスを出すこともできるし、裏に抜けだす「ボールのないところでの動き出し」もよい。今季の浮沈のカギを握る存在といえる。


チームとして何本か惜しいシュートシーンもあり、おれはその度に、(演技するように)大きな低音で 「ウー」と発した。(ため息に包まれるスタジアムは勘弁だった)
参考:平成30年の応援…開き直るしかない

一方の守備は、少しヒヤッとする場面もあった。それでも、PA付近での余計なファールはほとんど無く、昨年前期に比べて、少しは守備での約束事が徹底されている印象を受けた。


結局、前半はスコアレスで終了。

ハーフタイムは、スポンサー様のあいさつ並びに
べか彦くん&公式ダンスチームBlueCATSによるダンスが披露される。
永遠の小学6年生は、相変わらずキレキレだ。


そして、後半立ち上がり。

浦安の前線の「動き出しの質」がよくなる。

斜めに走ることで、相手のマークがあやふやになるシーンもあった。

いい流れになったとき、村岡がマークを交わして、見事な先制ゴールをたたき込む。


浦安市陸では、久しぶりのエレクトリカルパレードが流れる。
とはいえ、芝生エリアからスタンド全体にパレードを発信するのは、正直難しかった…

「スタンドのファンを、どう盛り上げるのか?」この課題は、しばらく残るだろう。
声出しは、ピッチ内の選手よりも試行錯誤が続く…


ピッチ内に目を移すと、浦安の「変なファール」が増え始める。
後半15分ころにファールしたとき、主審が選手に注意を与えようとしていた(カードではない)。
選手はその笛を無視しポジションに戻っていったが、笛が強く吹かれ、嫌々ながら注意を受けていた。


…どんなに実績があろうとも、この行動はまずかった。
そんな態度で、ジュニアやジュニアユースの子どもたちにとって「憧れの存在」にはなれない。
在のチームの成り立ち上、東京ユナイテッドなら、その態度でも良いかもしれないが。


「変なファール」は、昨年前半と錯覚するくらい増加していた。
「我慢しきれない」「一か八かのスライディング」が散見されたのは、かなり不安だ。


そんな展開でも、前線の「素晴らしい動き出し」から連動して、2点目が決まる。
再度、エレクトリカルパレードが浦安市陸に流れる。

これで安堵したわけではないだろうが、試合終了直前に「いらないファール」から、さいたまSCに1点を返され、直後に試合終了。

DSC00131.JPG

後味は少し悪いが、開幕戦は勝利を飾った。


昨年同様に選手とラインダンスを行った(盛り上がれるので、場所は今後検討の余地あり)。
選手たちは、昨年の宮崎串間のように「みんな最高の笑顔」ではなく「安堵」という表情だった。
声出しファンは、「安堵」と「楽しい」が入り混じったように見えた。

試合後は、ヒーローインタビューが行われ、選手は声援に応える。
グッズ売り場近くでは、選手がファンをお見送りする。

みんな笑顔だ。

この一体感を見ていると、「ブリオベッカを応援してよかった」と、つくづく思う。


一体感を、もっと広めるにはどうすればよいのか?

繰り返し書いていることだが、守備でも攻撃でも「いいプレーだ!」と思ったら、拍手や歓声が湧くようなスタンドにしたい。一体感の続く時間が、長ければ長いほど、浦安市陸は盛り上がるはず。

(個人的には、清心温泉みたいな雰囲気の応援席を目指している)



「変化」しなければならないところは、結果を恐れずに、変えなければならない。

声出しも、チームも、後援会も、上層部も。


このチームは「浦安JSC」ではない。「浦安SC」ではない。

数多くのサッカー少年が憧れる、多数のスポンサーが支援する

DSC00129.JPG

「ブリオベッカ浦安」だ。
posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 00:08| Comment(0) | 「魔境の関東」平成最後の年ver | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする