2018年01月08日

未熟な声出しは、清心温泉を目指す!

ここ最近、(全焼した)清心温泉ブログを見て、思うことがある。

それは、
「清心温泉ファン」と、
「めちゃくちゃ弱いチームが好きなファン」は似ている
ことだ。




その意味を説明するため、
日帰りの入浴施設を、(無理矢理)Jリーグ構成のように区分すると、以下のとおり。


J1(1部リーグ)のビッグクラブ
スパリゾートハワイアンズ・箱根小涌園ユネッサンなど

J1(1部リーグ)のクラブ
大江戸温泉物語など

J2(2部リーグ)のクラブ
半日くらい居られるスーパー銭湯

J3(3部リーグ)のクラブ
設備が整っている公衆銭湯・温泉

JFL(4部)
普通の銭湯・温泉

地域リーグ(5部以下)
ボロい銭湯・温泉



中でも、豪華な温泉施設(J1)が好きなファンは、多い。ファンは、(県境を超えるような)遠い場所に住んでいても、その温泉に入ることを目的として出かける。

スーパー銭湯(J2)が好きなファンは、それなりに多い。その銭湯に入るために、車で移動する人は多いが、県境を超えるような長距離移動は少ない。


といった具合に、カテゴリーが劣るほど、ファンの絶対数は少なくなる。遠距離でも行く人は少なくなる。しかし、カテゴリーが劣れば劣るほど、常連さんが分かりやすくなる。これは、サッカーの試合でも銭湯でも同じことがいえる。


5部リーグになれば、ファンの絶対数が少なくなるので、自ずと常連さんが目立つ。長距離移動は、まずない。



しかし、清心温泉はボロい銭湯なのに、遠いところから駆けつけるお客さんも多い。


その銭湯は、スポーツ好きが多い。それ以外に、おれが感じたことを挙げると、


代表(番頭さん)の特長

お客さん同士の会話には、出しゃばらない。
でも、「人の行動・言動」はよく見えている。
ひとつのことに固執せず広い視野を持っている。



常連客の特長

若い年齢層も多い

あいさつ等も含め、みなさん
「礼儀・感謝・謙虚」が備わっている。そうでない人は必然的に嫌われる。
(清心温泉ではあり得ないが、酷い場合だと、威圧的な常連さんもいる)。

来訪回数に関わらず、お客さん同士の会話が多い。

清心温泉の設備がボロくても、不満を言わない
(無茶なことは言わない、実現できない要求はしない)

スマホをいじる人が少ない




声出し応援に例えると、これらの特長は全て理想的だ。
(こんな番頭さんや常連客が、浦安の声出し応援をしてくれるなら、どれほど素晴らしいことか…)



しかし、清心温泉という舞台装置は全焼した。なのに、全焼火災以降もみんなが好きに活動している。このあたりも、(半分キャスト≒従業員、半分ゲスト≒客と言われる)声出し応援に似ている。


ブログを読んでいて「象徴的だな」と感じた活動は、昨年のクリスマスイブに行われた大掃除だ。
(おれは、その日の深夜、高松で骨付鶏を1人寂しく食べていた)

世界一優しいクリスマスイブでした。(清心温泉ブログ)


清心温泉の常連客は、みんな「ボロい銭湯であっても楽しめる方法」を知っている。新しく来るお客さんも、最低限の「礼儀・感謝・謙虚」があれば、その輪に溶け込めるようになっている。だからこそ、おれは清心温泉のファンになった。


大掃除は極端な例だが、
(サッカーを観戦を楽しむor入浴を楽しむ)同じ目的であっても、
1部リーグと5部リーグの楽しみ方は違う。



スパリゾートハワイアンズや箱根小涌園ユネッサンに旅行する感覚で、清心温泉へ行っても、本人も周囲も、気まずいだけだろう(逆も然り)。

浦和レッズや鹿島アントラーズの試合に行く感覚で、5部リーグの試合を観戦しても、本人も周囲もギクシャクするだろう(逆も然り)。



話をサッカーに戻すと、
現在のおれが贔屓にしているチームは、5部リーグに所属している。
普通のサッカーファンからすれば、低レベルなリーグにしか過ぎない。

そんな5部リーグの魅力を挙げるには?

スタンドの居心地をよい空間にするには?

大ざっぱに書くなら、
最低限の礼儀・感謝・謙虚は大前提。
スタンド内の「人の行動・言動」をよく見た上で、知ってもらうことが大切だろう。




おれにも仕事があるので、今後の活動は未定。しかし、清心温泉の変わる様子から刺激をもらい、できる範囲で活動を続けたい。
サッカーの応援も、清心温泉の支援も。


IMG_1465.JPG
IMG_3248.JPG
IMG_1469.JPG
IMG_4540.JPG
IMG_4542.JPG
posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 17:35| Comment(0) | 応援の考え方・自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

平成30年もよろしくお願いします

旧年中は、みなさんにはお世話になりました。


今年の贔屓チームについて願うことは、昇格

ではありません。存続です。


浦安市内でリーグ戦が開催できることは、喜ばしいことです。

しかし、首脳陣や後援会が「チーム内部や浦安市民に対する接し方」を間違えると、悪い評判が広まり、長所が短所に変わってしまうでしょう。


おれ個人に関して書けば、
礼儀・感謝・謙虚という基礎をつくった上に(とがっても良い)個性を持って応援したいです。

IMG_4873.JPG


おれが上記に反した応援をしている場合は、指摘してくれると嬉しいです。
(チームの中に、礼儀・感謝・謙虚が欠けている人はいない。と信じたい)


まだまだ未熟な声出しで、スタジアムに何回行けるかも分かりませんが、今年もよろしくお願いします。


 平成30年元日  非浦安市民のひとりより
posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 17:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

平成29年の応援を振り返る(1/2)

注・ この文章は、「ブリオベッカ浦安が好きな」1人のファンが書いている。
   決してファン・サポーターの総意ではないので、あしからず。




今年最初のブログで、おれは以下のコメントを書いた。


贔屓チームに限っていうと、今年は間違いなく試練の年になるでしょう。(ブリオベッカもベガルタも)

人様に迷惑を掛けないことは当たり前として、自分でチケット代を払ってサッカーを観に来る観客を減らさないことを念頭において応援するように心がけます。

それでも、昨年以上に仕事以外のこと(サッカー観戦)は楽しんでいきます。

スタジアムにどれだけ行けるか分かりませんが、今年もよろしくお願いします。





しかし、その想いはシーズン序盤で大きく変化してしまう。

そのキッカケは、開幕戦の試合終盤「ミス多ーサイトー」球団史に残る采配ミスだ(このブログでは再三触れている)。
イタリアの4部リーグで同様の采配を行った場合、捜査機関の事情聴取を受けるだろう。

一体感を感じた。けど…


開幕戦以降、サッカー観戦を楽しむ気持ちよりも、「この現状認識で、チームは勝てるのか?」という疑念が強くなっていった。

「現状認識」ができなかったことに尽きる(シーズン終了直後のブログ)



しかし、次に観戦したゲーム(アウェイのホンダロック戦)は、嬉しい誤算があった。

スポンサー・マナビス様の支社から、20名ほどが応援に駆け付けたことだ。

株式会社マナビスホームページ
上部リンクの4月10日トピックス<サッカー観戦ありがとうございました。>を参照のこと。

しかも、「本当の意味で選手をサポートする」だった。

いいプレーには、拍手や歓声が沸く。
悪いプレーをしてしまったときは、選手を励ます。
ため息は出ない。
審判批判はしない。
選手に無茶な要求をしない。


もちろん、おれは一切強制なんてしていない。それなのに、なんでこんな素晴らしい応援をしてくれたのか…

そんな応援が選手を後押しして、浦安は劇的な逆転勝利を収める。おれ自身も雑念を振り払って応援できたし、初めてのラインダンスもやった。



しかし、この試合を現地で応援したことで、「理想と現実」の差を実感してしまうことに…
(この詳細は、先のブログで)



天皇杯千葉県予選は連勝して(応援はいつも通り。雑談多し。)、次のリーグ戦はホーム今治戦。

この試合内容は「救いようがない」の一言。

子どもたちに夢を与えるサッカーではなく、子どもたちに失望を与えるサッカーだった。


開幕戦の「球団史に残る采配ミス」と今治戦の「救いようがない試合内容」を現地で見せつけられ、「球団首脳は、カテゴリーを問わず浦安市陸でリーグ戦が開催したいのか?」という疑問を持つようになる。


そうなると、リーグ戦での応援を楽しめる訳がない。

観客から見て楽しい応援というよりも、雑談が多い応援(現実逃避の応援)と思われても仕方なかっただろう。


チームも応援も、変化がないまま時間が経っていった。しかし、夏に差し掛かるころ、チームにとって汚名返上となるビックマッチを迎えた。


6月21日(水)天皇杯2回戦vs柏レイソルの一戦である。

posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 00:06| Comment(0) | ブリオベッカ浦安の説明書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成29年の応援を振り返る(2/2)

注・ この文章は、「ブリオベッカ浦安が好きな」1人のファンが書いている。
   決してファン・サポーターの総意ではないので、あしからず。




JFLで最下位に低迷しているチーム明治安田生命J1リーグ首位の対戦。

JFLのチームにとって、地域にチームの存在をアピールする絶好の機会だ。

しかも、おれのような「声出し」からすれば、日立台のゴール裏中心部は特別な場所。(1回でも体感すれば、その意味が分かるはず)

「勝ちたい思い」というよりも「選手たちの持っている実力を出し切ってほしい思い」で、応援をした。ピッチにいる選手はキレの良い動きを見せた。浦安の子どもたちは自ら声援を送る。

しかし、結果は出なかった…今でも悔しい。


この日立台の雰囲気について、浦安公式ホームページでは、以下のようにまとめられている。
組織化された素晴らしい柏レイソルの応援に対して、育成の選手や子供達の声が鳴り響いた浦安ゴール裏。

パスを回した攻撃や相手を崩したシュートが少なくても、育成の選手や子どもたちは応援を続けた。この雰囲気が続けば、と思って迎えた次のリーグ戦。



そんな雰囲気は、完全に無くなっていた。

ピッチ上では、浦安の選手が迷走していた。応援も、日立台のように上手くいかない。

スポンサー関連の方々も、応援に駆けつけてくれたが、アウェイ・ホンダロック戦のような雰囲気には程遠かった。スタジアムで応援してくれることには感謝しているが、ワンプレー・ワンプレーに対する反応は、皆無に等しい…
アウェイのホンダロック戦とは違った応援に対して、個人的には残念な気持ちを抱いた。


この試合でも敗戦し、ファーストステージは最下位で終了。
直後、齋藤芳行監督の解任が発表された。

監督解任の一報を受け、「球団首脳は、降格したいわけではない」ことを知った。しかし、何故もっと早いタイミングで解任しなかったのか疑問も残った。



そして、迎えたセカンドステージ。

ホームにヴァンラーレ八戸を迎えての一戦。おふざけができる同士なので、試合前の茶番は、過去最大級(当社比)となった(茶番に参加していただいたみなさんには、改めて感謝)。リーグ戦に限って言えば開幕戦の采配ミス以降、やっと応援に集中できる環境になる。

しかし、気になる役員人事も発表される。その点は後述。


声出し応援は、日立台を経験したおかげで、理想像に少し近づいた。試合前と試合中のメリハリができるようになる。
柴田監督就任以降、サッカーの内容が劇的に改善したこともあって、スタジアムの雰囲気は見違えるように良くなった。いつも来ている声出し以外の方々も、浦安応援席へ遊びにくることも多くなる。


応援の雰囲気が良くなったころ、ホンダロックとの一戦が柏の葉で行われた。
試合前には、水鉄砲による茶番が繰り広げられる。


楽しい雰囲気は出せたと思うが、今後は「内輪」に走らないよう気を配る必要があるだろう。


肝心の試合のほうは、ホンダロック戦から引き分けを挟まず4連敗。

この中には残留に向けて致命的な敗戦も。この連敗以降は楽しい応援よりも、悲壮感や使命感がオモテに出た応援になる。

10月初旬、それを痛感する出来事があった。

8月のアウェイ今治戦は、後半45分間ずっと浦安応援席で応援してくれた方が、
10月のアウェイ奈良戦では、試合終了後にあいさつへ来てくれたことだ。

そのときに、「行きづらい雰囲気があった」ことを伝えてくださり、おれ自身が悲壮感を漂わせていたことを実感。(今後もインプレー時以外で、応援に対する意見や感想を、直接伝えてくださるとありがたい)

その後、自力残留の可能性が風前の灯火となったころから、↓の行動に出た。





どんな状況になっても、柴田監督率いるブリオベッカは奮闘した。しかし、最終節に他会場の試合結果によって、関東リーグに降格が決まった。
ラストゲームは、スタジアムへ行きたかったが、仕事の都合上不参加だったことが悔やまれる。





先ほど、「気になる役員人事」と書いた。それは、セカンドステージ開幕前に「強化部長」なるポストがつくられたことだ。
通常では考えられない球団首脳陣の役員人事に対し、声出しファンの多くは、否定的な考えを持つ。
その中で、「強化部長」に対する接し方や来年以降の処遇について、意見は割れた(「応援の考え方」については、ほぼ一致している)。しかし、この件に関しては(否定的な考えの中でも)バラバラな思いがあった。結果的に理想像と、少し違った雰囲気をもった応援に…






応援に限って1年間を振り返ると
「チーム成績や人事に左右されない」応援ができなかった。己の心の弱さが出た。
楽しい応援をしたいと思いつつも、開幕戦の采配ミス以降、どこかギクシャクしてしまった。そんな状況では、応援の輪が広がるはずもない。

来年以降、「楽しい声出し応援」はどうするべきか?その考えは、年が明けてから書く予定だ。
posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 00:06| Comment(0) | ブリオベッカ浦安(JFL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サポーターはチームの鏡

タイトルに掲げたセリフは、サポーターが何かしらの行動を起こしたときに使われる(場合が多い)。

例えば、選手を非難する意味でのブーイング・バス囲みetc.
どちらかというと、悪い意味で用いられる。


しかし、このセリフは別の意味を持っている。

それは、
球団首脳やGM・監督、主力選手の「仕事観やサッカー観」を「ファン・サポーターが共有すること」だ。




今年観戦した試合の中で、忘れられないゲームがある。

それは、関東リーグ 東京ユナイテッドvsVONDS市原(小石川運動場) 。


首位攻防戦という状況も手伝い、タッチライン脇の観戦スペースには、多くのファンが詰めかけていた。

東京ユナイテッドからすれば、勝利がほしい展開だったこともあり、選手が審判に抗議するシーンが目立つ。特に、岩政大樹は、観客にも内容が聞こえるほど大きい声で抗議していた。

対するVONDS市原。監督のゼムノビッチは、天皇杯本戦で退席処分を受けるなど、審判に抗議することが多い。
試合終盤、選手交代の際に、意思疎通が合わず、トラブルになってしまう。その後、






声出し応援が禁止されている会場で、審判に対して、かなり大きな野次が飛ぶ。

地域リーグとは思えない、異様な光景だった。

この光景を生み出した要因は、両チーム監督、主力選手の「仕事観やサッカー観」だろう(その考え方は、決して間違いではない)





ピッチ外の話になるが、

松本山雅の反町監督は、「仕事観やサッカー観」を「ファン・サポーターが共有」する方法として、面白い手段を用いている。
信州での普及率が高い信濃毎日新聞へ月1回コラムを掲載することだ。(現在でも続いている)

信濃毎日新聞社 「RESPECT《リスペクト》 監督の仕事と視点」(松本山雅公式HP)

【スタッフブログ】RESPECT(東京ユナイテッド公式ブログ)



監督の考え方を、地域のファンに直接伝えられるので、「ファン・サポーターと考えを共有」しやすい(ただし、監督の考え方が間違っていると、チームの成績はどん底に陥るだろう)。
普及率が高い地方新聞は、大手新聞以上に「情報を信頼している読者が多い」ため、この手段は有効といえる。





翻して、おれの贔屓チームに話を移す。


(試合ごとにレポートを取り上げることは嬉しいが)チームの公式HPで「攻撃的な姿勢」や「遮二無二ゴールを狙う」ことを多く取り上げると、
ファンはそこしか観なくなってしまう。ゴールが醍醐味であることは理解できるが…



「贔屓チーム」や「大手のテレビ放送局でよくある」試合の取り上げ方として、
攻撃的なサッカーを展開しました。
しかし、一瞬のスキを突かれて失点しました。(そのスキは一瞬でないことが多い)
その後も攻め続けました。
でも、決定機を○○が外しました。
惜しくも負けました。


上記のような取り上げ方をすると、守備でのいいプレーや、積極的な惜しいプレーに対して、誰も反応しないスタンドになってしまう。決定機を外した場面では、ため息ばかりが漏れて、スタンドが盛り上がる場面は、ゴールだけになる…






この考え方とは、対極にあたる監督がJリーグにいた。

ジェフを率いていたイビチャ・オシム氏。

象徴的だったのは、2003年J1リーグ1stステージ第13節 ジュビロ磐田vsジェフ市原でのワンシーンだ。




以下、オシムの言葉 (集英社文庫)の一部抜粋

来た!足元に山岸から絶妙なクロスが届けられた。

フリーだ。ただヒットすれば勝利が来る。
同時に優勝をほぼ手中に収めることができる。
足を振る。決まったと思った。
しかし。ボールには触りながらも、軌道は定まらなかった。
黄色い悲鳴と水色のアンドの叫び。勇人は責任の重さと悔しさに点を仰いだ。

-中略-
ミックスゾーンにいた勇人は、悔しくてたまらなかった。
そこに記者が話しかけた。

「監督に最後の佐藤のシュートが残念でしたね、と聞いたんだよ。
 そしたら、『シュートは外れるときもある。それよりもあの時間帯に、
 ボランチがあそこまで走ったことを、なぜ褒めてあげないのか』
 といわれたよ」

全身が痺れた。この人はどこまでも自分たちを見てくれている。


試合レポート(ジュビロ公式HP)

試合レポート(ジェフ公式HP)







「サポーターはチームの鏡」とはよく言ったものだ。オシムの言葉を(ファン含め)チーム全体で共有することで、チームの成績は上向いた。これは顕著な例だ。

情報を発信する側が、受信する側のファンに対して「仕事観やサッカー観」をどのように伝えるのか?
多くの来場者が見込める来年の関東リーグでは、勝負のポイントになるかもしれない。
posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 00:05| Comment(0) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする