2017年09月11日

(1年ぶり)あと「一歩」されど「一歩」

今年は「強豪」に成り上がったラインメール青森とのアウェイゲーム。

そのラインメールが、リーグ戦で最後に負けたのは、シーズン開幕戦のHonda FC戦(都田)



苦戦が予想された。それでも、浦安の声出しは、数名現地に乗り込んだ。


試合会場は、新青森県総合運動公園球技場。昨年と違い、郊外の広大な公園の中にあるスタジアムだ。

IMG_4641.JPG

IMG_4640.JPG


浦安の応援席は、いつもの声出しだけではなく、八戸ファンも数名駆け付けていた。
(八戸のアウェイゲームでは、青森ファンが数名駆け付けたらしいけど)


とにかく、その試合で純粋に「浦安を応援したい気持ち」があれば歓迎するのみ。



浦安ファンの気勢は上がったが、ピッチ上まで波及することはなかった。

前半立ち上がりの早い時間に失点してしまう。

その後も、取り返せる雰囲気はあまり感じなかったが、応援は続く。

先のブログでも書いたが、天皇杯vs柏レイソル 以降は、試合中の応援で「本気モード」になるケースも増えた。


結局、前半は0-1でラインメールがリードしたままで終える。


後半になっても、雰囲気が大きく変わることはなかった。浦安が2枚替えをするまでは。

俊哉様が入って、ラインメールDFラインの裏を突破できるようになった。それ以上に幡野が良かった。セカンドボールを取る動き、相手のバイタルラインでのボール捌き…
つられるように、矢部まさ・上松の両ボランチが攻勢を強める。


それを受けて、ラインメールも交代枠を使う。カウンター要員でスピードのある高瀬を投入。

高瀬は交代早々、浦安DFラインでのパス回しをカットする狙いで、スライディングする。

スライディングして、ボールは奪えず、浦安の選手と接触もせず、荒れた芝に足を取られて負傷した。


浦安は、プレーオンで攻めても構わない状況だったが、一旦後方にボールを戻す。

おれは、「こういうときなら」割り切って、ゴールを狙って攻撃してもよかったのに…とため息をつく。

浦安の選手たちは「勝負師としては」いい人すぎる。



しかし、浦安の攻勢は変わらず。待望の同点弾が生まれたのは、後半25分過ぎ。
いい位置でFKを得ると、幡野→南部ヘッドで浦安が同点に追いつく。

(vsラインメール戦の5試合目にして初ゴール!)
そのとき、すぐさまボールを拾い上げた富塚が、センターサークルにボールを戻す動きを見せる。

選手が勝ちに行く姿勢は、十分に伝わってくる。

同点ゴール以降、浦安がさらに攻勢を強める。

柴田監督就任以降、ここまで「攻めダルマ」になったことはない!というくらいの攻勢だった。
シュートを打てるポジションまで、選手はよく走っていた。
勇気をもって、シュートを打っていた。

しかし、得点だけを決めることができない。


両チームとも「勝ち点3」を取るべく、攻撃的な選手交代をするが、スコアを動かしたのはラインメール。
カウンターからゴールを奪った。
浦安からすれば、失点しても、仰向けになったり、大ショックを受けている選手がいなかったのは収穫。

浦安も「何とかしようとする気持ち」は見えたが、このまま試合終了。
スコアだけみれば、痛い敗戦となった。

試合後の選手たちは、あいさつに来てくれたが、悔しい表情がありありと見て取れた。ショックを受けた様子ではなかったので、おれは特に言葉を掛けなかった。




「内容はよかった」

浦安を応援する者なら、試合後のレポートで何回も聞かされたであろう言葉。
個人的には、「敗戦の言い訳」「守備ができない現実逃避」と思わせる試合もいくつかあった。

しかし、この日だけは違った。

ラインメールのゴールに襲い掛かる姿は、素晴らしかった。


おれは、選手たちを信じ、今週末も遠征に行く。
posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 22:18| Comment(0) | ブリオベッカ浦安(JFL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする