2018年12月23日

平成30年の応援を振り返る

平成30年の応援…開き直るしかない



今シーズンの開幕前、おれは上記のブログを更新した。その中で、以下の文章を綴った。

「試合結果だけを求めないで応援するつもり。心の中では、残留できれば合格点だ。」




戦術面での不安が大きい故に、このような心情を抱いた。そして、リーグ開幕戦@浦安市陸 を迎える。


桜が満開の中、「あけましておめでとうございます」というあいさつを交わしたことは、よく覚えている。



この試合では、陸上競技場ゴール裏の芝生から選手たちを応援した。(Jリーグのサポ向けに解説すると、西京極のゴール裏くらい見づらい)


しかも、ホームゴール裏は、入場口から1番遠い場所。声出し隊の周囲は、観客がまばらだった。1,300人以上の来場者だったが、一体感をもった応援はできなかった…


応援がやりづらいと感じた理由は、もう1つある。


昨年末をもって、浦安のコアサポが、アイデンティみらい へ移籍したことだ。


結果として、コールリーダーがいるようないないような状態が1年中続くことになる。


個人の意見では、自然発生的な応援への移行段階と捉えれば、特に悪い状況と考えていない。



参考:
未熟な声出しは、清心温泉を目指す!



おれは、コールリーダーの有無に関係なく、居心地のよい応援エリアを目指している。


しかし、皮肉なことに、おれが観戦していない試合で、そうした雰囲気に近づいた。



5月のvs川向こう

ただただ悔しい 浦安 VS 23(青白サポの観戦日記)


熱くなった江戸川クラシコ(浦安にサッカーチームできたらしいよ)


9月のvsつくばFC(ホーム最終戦)

ホーム最終戦!(浦安にサッカーチームできたらしいよ)





おれ自身が、「居心地のよい応援エリア」をつくっている、とは考えていない。



ただ、その雰囲気を少しだけ応援エリアにいないみなさんへ、伝えることができたと思うシーンがある。


7月のvs栃木ウーヴァ の試合前に行った、ちょっとしたイベントだ。


浦安市陸を「祭り会場」にしたい!?



おれが半分ゲスト・半分キャストであることを意識して行ったイベント(!?)は、概ね好評だったようだ。来シーズンは、べか彦くん・スタジアムグルメというキラーコンテンツを活かして、応援エリアの雰囲気のよさを間接的に伝えたい。









追記:おれは、応援歌(チャント)を作成するセンスが、ゼロに近い。

   そんなおれだが、広島カープ好きとして、1つだけお願いがある。



来シーズン、広島カープの2文字応援歌を模して、「MARU」と合唱するのは、やめていただきたい。








ニセモノの1万円札を、ピッチに投げる恐れがあるからである。
posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 00:18| Comment(0) | 2018「魔境の関東」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする