2015年04月30日

南長野の素晴らしさは、施設だけじゃない

 4月26日にJ3リーグを観戦した。

 昨年はJ3リーグの試合を10試合観戦したが、今年は初観戦である。

 JFLの試合は遠隔地(宮崎)を含め、既に2試合参戦しているのに、である。



 理由は ・JFLとJ3はプレーの質が大きく変わらないこと
     ・J3に、つまんない野次のキツいチームがあること(特に東北の某チーム)


この2点が考えられる。

 それでも、J2に匹敵する戦力とサポーターがいるチームもある。
 それが、「AC長野パルセイロ」だ。


 今年3月に南長野運動公園総合球技場がリニューアルしたこともあって、先日行ってみた。

 まず目を奪われたのは、ヨーロッパみたいな外観である。コンクリートを隠したデザインに武骨な感じはなかった。

IMG_0617.JPG

 スタジアムの外周を1周して、四方からピッチレベルに風を通すスペース(大きい通風口)があることに気が付いた。芝の生育にも気を使ったデザインであることがわかる。



 中に入ってみて、見やすいという印象を持ったが、それ以上に「屋根が大きい」。

IMG_0623.JPG

 ほとんどの座席は屋根の下で快適に観戦できる。その屋根も、芝の生育を妨げないよう設計されている(南ゴール裏のみ1層なので、写真のとおり、ピッチ全体に太陽光があたる)。




 ここまでは、施設の話で、これからはそれ以外の話

IMG_0638.JPG


IMG_0630.JPG

 ・J1ナビスコカップ予選並みのサポーターの大声援(どちらのサポーターも、楽しそうに応援していることに好感をもった)
 ・5,000人以上の観客動員
  (レノファ山口ファンも、遠隔地なのに100人近く来ていた)

 
 J2でも当たり前ではない光景である。

 序盤の上位対決ということもあって、選手も躍動した。
 
 特に、レノファの同点ゴールは、キレイな崩しで、見事だった。


 しかし、パルセイロファンのため息は少なかった。


 言うまでもないが、球技専用スタジアムは、見やすい迫力がある

 でも、消極的な声(ため息や悲鳴)も選手に届きやすい。という短所もある。


 なのに、パルセイロファンの ため息や悲鳴が目立つシーンは、全くといっていいほどなかった。

 サッカーを観る文化は、あまりないはずなのに………郷土性の問題だろうか(この問題は今後も取り上げていく)


 そんなパルセイロファンの大声援の力を受けて、レノファに競り勝った。
 松木安太郎も解説として来場した試合は、なかなかの好ゲームだった。





posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 13:37| Comment(0) | J3 その他JFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。