2016年12月09日

12人の退団選手

2014年終盤から浦安の試合を多く観ているが、こんなに退団選手が多いシーズンは初めてだ。
それより前から観ていたファンほどではないけれど、「ブリオベッカ浦安」というチームに対して思い入れはある。
そこで、退団選手の印象に残ったプレーや出来事を簡単に書き記す(あくまで個人的に)
基本的に公式戦しか観ていないので、文章の長さが違う点はご了承いただきたい。


村上翔選手
ジェフリザから関東2部に来てくれた選手。ただ、2014年終盤以降は、FW2トップが不動だった。
練習試合は右SBでもプレーしたところは、がんちゃんと被る…
今でも、2014年の地域決勝vs十勝フェアスカイ で村田と交代して出場した印象が強い。

土屋杏平選手
練習試合では、ミスターサイトーの怒られ役。申し訳ないけど、公式戦の際に後援会の手伝いを頑張っていた印象が強い。

宮林拓矢選手
昨年5月の江戸川ダービーのとき、松葉杖で現れたときの衝撃は忘れない。
今シーズンは、守備陣にアクシデントが起こったときに頼りになる存在だった。
とはいえ、7月のvs流経大ドラゴンズ は不遇だった。

中村光春選手
5月のvsヴェルスパ大分 のアシストが鮮烈だった(ミスターサイトーの数少ない名采配の1つ)。
7月のJFLで、めちゃくちゃ気温が高い環境で試合があれば、ジョーカーとして使われただろうが…
練習試合vsアイデンティみらい で今部と縦の関係になったDocomoラインは魅力的だった。

田宮諒選手
5月のvsヴェルスパ大分 の劇的ゴールを思い浮かべる人が多いはず。
ただ、その前のムサ陸で、手でゴールに押し込んだプレー(もちろんノーゴール)が印象的。ベンチにいた全員が腰を浮かせていた。そのときおれは、今年1番の「ぬか喜び」だったはず。

高井青選手
昨年の活躍は記憶に新しいが、今年は出場機会に恵まれず、(JFLの中でも、勝ち点を取るのが難しい)アウェイvsソニー仙台 1試合のみ。しかし、その1試合のプレーがよかった。FWにクサビのボールが入っても、決定機はつくらせず、ロングボールでチャンスも作っていた。フィジカルは最強なので、CBを育てるのが上手な指導者なら…の思いがある選手。

池田晃太選手
退団の一報を聞いたとき、本当に虚しくなった。2トップが不動だったこともあり、池田の特長を生かしたポジション(最前線)での出場時間は短かった。関東リーグで東京23FC相手にハットトリックを決める実力があり、チャンスがたくさんあるはずの来年も観たかったが…
中盤の構成力があるチームに移籍したら(例:三河のチーム)、浦安の脅威。

永井文也選手
長年にわたり、浦安の守護神だった。昨年5月の江戸川ダービー@浦安市陸 で、大活躍しなければ、昇格できなかったかもしれない。
おれが、応援歌を最初に覚えた選手でもある。応援歌を歌うとき、浦安市陸のスタンドがより一体になる雰囲気があった。この雰囲気を味わう度に、永井選手の人気を感じさせられた。

西郡巧選手
村上選手と同じく、ジェフリザから関東2部に来てくれた選手。昨年5月の江戸川ダービーでの完封勝利に貢献した姿が印象に残っている。このブログ等でCBについてキツイことも書いたけど、スタメン出場試合の多さが、チームに貢献してきた証。

中島宏海選手
僅か1年で退団となったが、未だに「何故浦安に来てくれたのか?」多くのファンが疑問に思っているだろう。2月の練習試合で、めちゃくちゃ不安定なCB(練習生)に対するコーチングを聞いて、かなりの実力者だと感じた。公式戦で魅せたビックセーブの数は、チーム総得点に匹敵するだろう。
盛岡でも悪くないと思うが、J2に個人昇格してほしかった。

竹中公基選手
昇格した今シーズン、チーム得点の43%を叩きだしたFW。JFLベストイレブン選出。左足・右足・ヘディングで豪快なゴールを決めまくり、ファンを熱狂させてくれた。
でも最初の印象は、2014年の地域決勝vsガンジュ岩手 で、清水康矢が大怪我を負って乱闘になりかけたとき、両足が吊って動けない姿だ。
それでも、交代されることなく、後半ロスタイムには…


ゴールを決めた。
竹中のゴールはたくさん観てきたけど、これが「最もカッコ悪く、最も印象に残るゴール」だ。
昇格を絶たれた後の市原カップでは無双し、その後の活躍は、他の浦安ファンに聞いてください。
少しでも早く、J1のピッチでゴールを決めることを期待。



村田翔選手
昇格した今シーズン、全試合フル出場を果たした「浦安の遠藤保仁」。遅攻と速攻を使い分けるバス回し、絶妙な浮き球のアシスト、精度の高いFK・CK。
竹中選手以上に不可欠な存在といえる。
最初の印象は、2014年の関東リーグ後期vsVONDS市原 で魅せた直接フリーキックだ。キーパーが動けない見事なゴールだった。
「村田がいい位置でボールを持てば…」とファンに期待させるだけの実力と実績のある選手。
上のカテゴリーに移籍するのであれば、更なる活躍を期待。



退団した選手については、何らかの形でまたサッカー場に姿を見せてほしい(あくまで個人的に)。

来年ブリオベッカでプレーする選手は、「退団した選手が、在籍したことを誇れるチーム」にしてほしい。



(参考・おれが初めて声出し応援したときのスタメン)



posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 17:28| Comment(0) | ブリオベッカ浦安(JFL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: