2016年12月29日

私的なブリオベッカ浦安アウォーズ(平成28年)

賞金は特にないですが。

最優秀選手
竹中公基

ベストゲーム
該当なし

ベストヤングプレーヤー(23才以下)
該当なし

最優秀ゴール
4月24日 vs東京武蔵野(武蔵野) 竹中公基
9月11日 vsソニー仙台(宮城県) 富塚隼




ひとつひとつの解説

最優秀選手:竹中公基

これは満場一致だろう。昇格初年度でチーム総得点の43%を叩きだしたその実力は、JFLで規格外だった。
来年はJ3、再来年以降は、もっと上のカテゴリーで活躍してほしい。
来年の最優秀選手賞は、得点を量産して俊哉様に取ってもらいたい。


ベストゲーム:該当なし

観ていない試合でいえば、「4月10日vs栃木ウーヴァ」や「5月3日vsMIOびわこ」が該当したかもしれない。
今年は20試合以上観戦してきたが、ベストゲームに近かったのは「9月18日vsヴァンラーレ八戸(柏の葉)」。でも、完封するべき試合で失点したために除外。


ベストヤングプレーヤー(23才以下):該当なし

来年は、この賞を誰かが受賞しなければ、残留争いは必至。


最優秀ゴール:
4月24日 vs東京武蔵野(武蔵野) 竹中公基(youtubeで観れます)
9月11日 vsソニー仙台(宮城県) 富塚隼(facebookで観れます)

…どちらか1つには選べななかった。
2つのゴールに共通しているのは、「チームに漂う閉塞感を一変させたこと」
竹中のゴールは、ゼロウノで負ける空気を一変させた。ゴール後のラスト5分は、それまでの85分がウソみたいな試合展開になった。
富塚のゴールは、天皇杯予選で負けた後の試合。ディフェンディングチャンピオンを黙らせる、痛快な先制パンチだった(ちなみに、今年のソニー仙台がホームゲームで先制点を取られた試合は、このゴールを含めて3試合しかない)。このゴールが、チームにもたらした影響は大きい。



来年の展望(特に「応援」)は来シーズン開幕前までに更新予定。

監督については、浦安唯一のコアサポ、ssismさんのブログに書いてあったので、リンクを張らせてもらう。
おれが言いたいことは、大体書かれている。
夢は叶うと同時に敵となり襲い掛かってくるものなり・・


センターラインの補強を願いながら、今年のブログはこれでお終い。

ではみなさん、よいお年をお迎えください。

posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 22:07| Comment(0) | ブリオベッカ浦安(JFL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: