2017年02月17日

平成29年の応援に対する考え

この文章は、「ブリオベッカ浦安が好きな」1人のファンが書いている。
決してファン・サポーターの総意ではないので、あしからず。



今年もジプシー生活を強いられることになったブリオベッカ浦安。(柏の葉10、フクアリ2、秋津・東総・市原臨海は1ずつ)

フクアリの試合数は1→2に増えた。残念ながら、浦安から最も近い秋津は1試合のまま。

よって、観客数が激増する要素は、今のところない。


現場(試合会場)に来る観客が増えないのであれば、より一層情報発信が大事にあるだろう。

しかも関東1部は、2009年北信越リーグ以来のハイレベルな争いになることが予想される。
(注釈:2009年の北信越リーグ 1位JAPANサッカーカレッジ 2位AC長野パルセイロ 3位ツエーゲン金沢 4位松本山雅FC)


第三者から見れば、浦安の試合よりも関東リーグのほうが面白そう…と感じるケースが出てくるだろう。(上位チームの直接対決とか、つくばFCvs東京ユナイテッド 即ち 池田晃太vs岩政大樹)
そうした試合では、地域リーグらしからぬ緊張感がスタジアム全体を覆うはず。


となると、おれみたいな関東のJFLファンは、例年以上に声出し応援の「ゆるさ、楽しさ」を伝えたほうがいいだろう。(浦安が残留争いに巻き込まれたら…というツッコミはなし)

情報を提供する目的は「応援する楽しさや醍醐味」を伝えることであることは、例年以上に心がけたい。
(ネット上では、ブログとツイッターのみだが)



…かなり横道に逸れた。話を、現場(実際の応援)に戻す。


子どもたちの自然発生的な応援を見る限り、基本的には昨年の継続でいいだろう。
(特に、子どもたちの自然発生で出た応援歌は、変更の余地がない)

ただし、1つだけ悩んでいることがある。


6年4組舞田べか彦との接し方だ。敬称すらわからない。

うまくいけば、チーム内の知名度は

声出し<<<選手<<<カントク<<<<<<<<<<テクニカルディレクター<<<<<べか彦

となる。
(九州で、第三者割当増資を受けそうなクラブのマスコットには及ばないだろうが)

かわいいと推すのか、いたずらキャラにするのか、優等生キャラにするのか、みんなから突っ込まれるキャラにするのか、ドジなキャラにするのか、浜松のツバメみたいに声を出すキャラにするのか(ただしセリフは、「ろうか」「危ない」のみ)



あとは、新入団選手の個性をよく見極めることだ。
本田大雅や土屋智義のように、ファンサービスに熱心かつ体を張ってファンを盛り上げられる選手がいれば、個人的にはすごく嬉しい。
参考:ブリオベッカ浦安vs東京23FC 熱くて暑い「江戸川ダービー」を終えて



今年もホームでは、使命感や悲壮感を出したくない。難しいことも書いたが、柔軟に(アドリブで)楽しく応援しましょう!



追伸・
昨年末にJFLを卒業された方へ

6月25日(日)14時〜@新木場 FC東京U−23vsアスルクラロ沼津 の直前、
6月25日(日)13時〜@秋津  浦安vsマルヤス岡崎 が開催されるので、是非試合前に遊びに来てください。
(推定移動時間:40分)
特に、浦安から期限付き移籍中のサポーターは、13時20分まで浦安応援席で遊んでくれると嬉しい。
でなければ、16時〜 期限付き移籍中のサポーターと浦安ファンが「夢の国」ではなく「夢の島」でリアル鬼ごっことなるでしょう。
posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 21:46| Comment(0) | 応援の考え方・自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: