2018年07月08日

浦安市陸を「祭り会場」にしたい!?

暑さと強風が入り混じった昨日、関東サッカーリーグに所属しているブリオベッカ浦安は、2か月ぶりのホームゲームを開催した。


直近のホームゲームは、試合として成立しないレベルの酷い内容だった。


そんな状況で迎え撃つ相手は、栃木ウーヴァFC。対戦前の時点で、7勝1分けの首位。



言うまでもなく、難しい試合が予想された。





「試合観戦だけのために」浦安市陸へ来たファンは、もう来なくなってしまうのではないか?


(経済的に言えば「顧客満足度」が最低の興行を2回続けると…)




疑念を持ったまま、ウーヴァ戦の試合当日を迎えた。




「かさばる物」を持ちながら、列車とバスを乗り継ぎ、キックオフ3時間半前、浦安市陸に到着。



直後、FC東京U-23サポが姿を見せる。今日は夢の島でリーグ戦のはずだが…。目的は↓だった。





注意.開店時刻は、日によってまちまち



蝗から「上位5本の指」と言わしめる美味。J1級だ。

次に来場(?)したときは、バリ食堂さんもお試しあれ。暑いときに、インドネシア料理+炭酸飲料は、最高に美味い。
















おれは、キックオフ3時間前から、行動開始。


ブリオベッカ浦安の代表・谷口さんに「ちょっとした協力を依頼」をする。快諾をいただき、他の方々にも協力してもらえることに。


続けて、栃木ウーヴァの代表取締役社長・大栗さんにも、同様の依頼をする。同じように快諾をいただく。



その後は、サッカーの前座試合に出場する小学生から大人、果ては猫にまで「依頼しまくる」。



結果、

DSC00241.JPG


七夕の笹に、短冊をたくさん集まった。(撮影時は、途中段階) 持ってきた甲斐があった。ありがたい。



短冊に書いてもらった内容を一部公開すると、


ブリオベッカ浦安の代表・谷口さん
DSC00246.JPG


栃木ウーヴァの代表取締役社長・大栗さん
DSC00247.JPG


参考・おれ
DSC00244.JPG



浦安のコーチ・スタッフ・ベンチ外の選手、相手チームのサポ、川向こうのサポ、オルハさんetc.たくさんの方々に書いてもらった。中でも、一番注目を集めたのは…












DSC00243.JPG

べか彦くんだった。

(スマホ含め)カメラ6台、15人が観ている中で、短冊に願いごとを書いていた。選手が束になってもかなわない、凄まじい人気だ。



その頃から、ジャマイカキッチン・オルハさんでは大サービスを行っていた。






浦安ファンはもちろん、ウーヴァファンまでもが、「浦安本気力!」と叫んでいた。

店からも、お客さんからも「みんなで盛り上がろうとする気持ち」を感じる。



この時間帯に、ブリオベッカのGKがピッチ内練習へ出てきたらしい。出迎えた声出しファンは、1人だけだったらしい。


キックオフ30分前になると、観客がどんどん増え始める。



おれは、キックオフ5分前になって、ようやくスタンドに向かう。伊藤園の麦茶と(栗林歯科医院から)歯ブラシを受け取る。地域リーグなのに、、、感謝。


そして、キックオフ



…前半15分までに2失点。守備の1vs1で、簡単に交わされるのは想定内だった。とはいえ…


GKポシュンの活躍が目立つ試合展開になる。


浦安にもチャンスはあったが、決めきれず。逆に失点を喫し、0-3で前半終了。




DSC00235.JPG

ハーフタイムのショーに向かうキッズたち&レモンアンドシュガー&すーぱーすたー
右側に打開策を図る監督&コーチ陣



後半は、特に見どころなく終了。0-3で完敗。

VONDS戦より内容は良くなっている。悲観する必要はない。

ただ、ホームゲームで全試合失点している現実から目をそらしてはいけない。
(関東リーグから昇格を果たした年は、ホーム4試合目で初完封。相手は川向こう。泥臭く完封勝利したことで、波に乗った)



そんな試合でも、700人以上の観客が来てくれた。試合後の選手によるお見送りも、いつも通り賑やか。


今後も、「サッカーのある日常」が当たり前になってほしい。







追伸・個人的に、この日のメーンイベントは、試合後の帰路だった。舞浜駅まで、ファンの車でおくってもらった後、混雑している府中本町行の列車に乗車。

七夕の笹を持ちながら。

同乗した別のファンに手伝ってもらいながら、何とか乗れた。乗客の注目度100%だった。おれは、恥ずかしいを通り越して、開き直っていた。
「すーぱーすたー、だって!」とか会話が聞こえてくる。


その後、職務質問を受けることなく、無事に帰宅。一夜明けてから、笹を元の場所(公園)に植え戻し、短冊は全て手元にある。後日、神社で焚き上げてもらう予定だ。







この七夕企画を思いついたのは、鈴鹿アンリミテッドのホームゲームを観戦した後のこと。

「祭りの最後に試合がある」

「ホームもアウェイもなく、楽しんでもらいたい」

この2点は、かなり意識した。


本業の仕事はあるが、今後も「可能なこと」は、積極的に行動へ移したい。


posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 14:09| Comment(0) | 2018「魔境の関東」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: