2019年05月25日

クラブユース関東大会ラウンド32 試合観戦

「クラブユース関東大会ラウンド32」


一見すると地味な試合だが、関東地方のユースチームのうち、32強しか出場することができない。


Jリーグのユースも、いくつかのチームは既に1次予選で敗退していている。


そんな中、ブリオベッカのユースは、1次予選を突破し、ラウンド32へ進出した。



5月18日に対戦したのは、川崎フロンターレユース。場所は等々力サッカー場。


DSC01993.JPG



DSC01995.JPG



観客は約50人。中には、水色のTシャツを着たフロンターレサポも10人くらい観戦していて、声出し応援をしていた。

なので、おれは1人で声出し応援を始める(極端にガチではない)。



試合内容としては、予想通りフロンターレユースが圧倒的にボールを握る展開となる。


相手のパスのスピード・トラップ技術・ボールのもらい方etc.未体験のレベルだろうが、引いて守るのではなく、積極的にプレスを掛けていた。


何とか体を張って止める。というシーンが目立った。トップチーム同等かそれ以上に、応援したくなるようなプレーが多い。


前半は0−1で折り返す。



しかし、後半になると運動量が落ちて、プレスが緩む。これは致し方ないことだ。


失点を重ねてしまうが、その度に下を向く選手がいたことは残念だ。「どういう状況であれ」公式戦に出ている以上は、ベストを尽くしてほしい。プレーが止まったら、次のプレーに向けて準備をしてほしい。


結果は、0−7で敗戦。


課題だらけの試合だったと思うが、少しでもフロンターレのレベルに近づけるよう自ら考えて行動してほしい。

個人的には、この試合に出ていた上級生の2名は、トップチームでも観たい。





この後は、レンタカーで浦安市陸へ向かい、関東サッカーリーグを後半45分だけ観戦。


昨年の今ころに比べれば、試合内容は大幅に改善している。



レフェリーのジャッジについては、「JFLで裁いているのに、関東リーグでも笛を吹く理由がよくわかる」出来だった。





多少のモヤモヤは残ったが、試合後は「後援会サッカー」に参加。

DSC01997.JPG


2分の1コートでは、多くのトップチームの選手が参戦。「同じフィールド内にいるプレーヤー」としての目線だと全然違うように感じた。


4分の1コートでも、トップチームの選手が出たらしい。都並監督も左サイドでプレーしたらしい。後援会のメンバーは、監督とのマッチアップに興奮気味だったとか。


おれは後援会の行事に全くといっていいほど参加していないが、また次の機会も参加したい。




posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 11:25| Comment(0) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。