2016年06月16日

吹田スタジアムには魔物が棲んでいる

6月15日、J1リーグガンバ大阪vs浦和レッズを観戦するため、吹田スタジアムへ行ってきた。

IMG_1589.JPG

スタジアムの外観や見やすさ・臨場感については、既に多くの媒体で取り上げているので省略するが、

試合前から両チームサポの声量が凄かった。


IMG_1610.JPG

IMG_1609.JPG

おとなしい人が多いバックスタンドに座っているのに、隣に座っている人と会話しづらい

国内では、あまり味わえない雰囲気に満足し、この時点で「飛行機で来てよかった」と思った。


選手入場のとき、ゴール裏はもちろん、メイン・バックとも立ちあがって出迎える人が多い。

IMG_1613.JPG

アルウィンほどではないが、観客1人1人がゲームに参加しようとする気持ちは伺えた。

いい雰囲気の中で試合が始まり、遠藤(ガチャ)のカウンターから、いきなり宇佐美のゴールが決まった。スタンドは総立ち!

ガンバファン・サポーターのテンションは最高潮だったが、GK東口まで反対側のゴールラインへ走って選手と喜んでいた(今にして思うと、それだけの価値はあったが)。


ピッチとの距離が近いスタジアムで、最高の形で先制点が決まった。

しかし、ファン・サポーターは「感情的になりすぎる」傾向が出てくると考えていた。


その代表的な例が、大津祐樹が若いころ(2008〜2011)の日立台だ。
大津がドリブルを仕掛けると、相手選手はスライディングタックルをする。
それがノーファールであっても、大津は大げさに倒れ、一部のレイソルサポは審判に罵声を浴びせる。

これが繰り返され、日立台の雰囲気が悪くなることは多々あった。


でも、今日の吹田スタジアムは違った。

客席に近いサイドで藤春や宇佐美が仕掛け、結果ボールを奪われても、ガンバファンは、審判に罵声を浴びせることはなかった。(「く○ばれアホの審判」コールを聞いたことがあるので、意外だった)


そんなサポ・ファンの空気に押されたか、五輪代表井手口のプレーが良かった。阿部・柏木が相手でもよく闘えていた。

片や、遠藤(若大将)のプレーもよかった。先制点以降は決定機を多く作らせず、最後方からのパスは光るものがあった。


前半はこのまま終了。

後半10分ころ、ビハインドの浦和が仕掛ける。

興梠と武藤を投入した。(途中出場の選手は、監督からの指示を、他の選手に1mまで近づいて伝えていた。ピッチ内で、声のやりとりができないことを物語っている)

すると、浦和にチャンスが生まれ始まる。試合開始から両チームサポの声量は凄かったが、浦和サポの声量はさらに上がる。しかし、ゴールを決められない。


後半30分ころ、耐えていたガンバにビックチャンス。
PA内の真ん中で、フリーになっている遠藤(ガチャ)に、ボールが通る。この時点で、メインやバックのファンは、立ち上がる人も多かった。


しかし、シュートはバーを叩く。

立ち上がったファンはのけぞる。しかし、「ため息」は出なかった。

↓の意見交換会の成果が出始めているのだろう。



素晴らしい。

ガンバファン・サポーターが悪い空気を作らなかったとはいえ、浦和に流れが行くパターンだ。

ガンバサポも浦和サポも最後の力を振り絞り、大声援を送る。



緊迫した展開の中、ロスタイムに突入する。

時間が経つにつれ、座っているガンバファンで、手拍子する人がどんどん増える。


特に、ラスト1分半は手拍子の嵐

テレビで観る欧州の雰囲気だった。何より浦和サポの声援ほとんど聞こえなかった。(ややアウェイ寄りで観戦したのにも関わらず)


東日本大震災直後の仙台vs浦和@ユアスタでもなかった出来事だ。


国内では、まず味わえない雰囲気だった。このまま試合が終わり、

ガンバが大きな勝利をあげた。
IMG_1625.JPG

IMG_1628.JPG

IMG_1631.JPG


ガンバは、選手層が厚く育成も上手な好チームだ。そんなチームが手にしたスタジアムに、今日のようなファン・サポーターがいれば、凄いことを成し遂げられるかもしれない。


J1優勝?違う。

ACL優勝?それも違う。



大阪と神戸の間にある「日本で最も有名なスポーツ施設」のような文化を創り上げることだ。



IMG_1555.JPG


夢を見すぎかもしれない。しかし、方法を間違えなければ、新しい文化を築き上げられるだろう。
posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 22:07| Comment(0) | その他J1J2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

〈西の優等生〉ファジアーノ岡山 ダブルヘッダー観戦

Jリーグに加盟しているクラブは、赤字のところが少なくない。

(今日発表された、Jクラブ個別情報開示資料によると、ベガルタは残念すぎる数字だ…
昨年の今頃、J1首位なのに監督を解任したチームの事情も見えて面白い)


そんな中、親会社も無いのに、順調に規模を大きくしているクラブがある。


「ファジアーノ岡山」だ。



トーキョーからは遠いので、なかなか行けなかったけど、先週末にホームゲームへ行ってきた。

それも、JFL「ファジアーノ岡山ネクスト」とダブルヘッダーで。




岡山駅に着いたのは、前座試合「ファジアーノ岡山ネクストvs鹿児島ユナイテッド」のキックオフ15分前である。

西口に出ると、目の前に大きいNHKビルが建っている。
そこには

IMG_1321.JPG

大きくファジアーノのロゴが出ている。

駅前でこれだけ大きくチームをアピールできるとは…
公共放送のビルに、掲出できるとは…

このチームの営業力の強さを実感させられた。


目的地のシティライトスタジアムには、キックオフと同時に到着。

ゲートでチケットを見せたとき、「行ってらっしゃい」と声を掛けられる。


試合は、前半立ち上がりに鹿児島ユナイテッドが先制する。
(このとき、鹿児島の得点表示が、何故かマルヤスになっていた………)

IMG_1326.JPG

前半は特に見せ場がなく終了。特に、ネクスファジ(ファジアーノ岡山ネクスト)は、シュートが0本だった。


一旦ゲートを出て、Jリーグ屈指のスタグルを購入。
IMG_1334.JPG



その後、再入場口のゲートでチケットを見せたとき、「お帰りなさい」と声を掛けられる。

昨今の日本では「ホスピタリティ」という言葉の使われる機会が多いけど、このスタジアムには間違いなく「それ」がある。
しかも、自然とできるからうらやましい。


後半になると内容が一変。


なんと、ネクスファジが逆転に成功する。


そのまま、試合終了。ネクスファジは会心の勝利。

IMG_1342.JPG

ファンとのラインダンスもいい雰囲気だった。


鹿児島ユナイテッドは、ファンが50人近く駆け付けたが、痛恨の逆転負け。
ファンの声はよく出ていたけど、

他人事ながら、前半シュート0本のチームに逆転負けを喰らうようでは…



その後は、J2の試合が始まるまで、市街地で時間を潰す。

市街地でもファジアーノの幟が多く見られた。


その幟には、

IMG_1352.JPG

普通だと、「頑張れ!」とか「勝利!!」とか「絶対J1!」とか書くところで、クラブの永い存続について書いている。


非常にいい傾向だ。

成績をウリにする手法が多いけど、成績が少し低迷すれば、客足が伸びないことになる。
(今の鹿島は、まさにその状態)


逆に、負けがこんでいても、ファンがスタジアムに足を運ぶクラブはいいクラブである。

参考までに、ファジアーノのホームページでは、成績よりも平均観客動員が目立つ構成になっている。

(J2時代の松本山雅のホームページも、成績よりも平均観客動員が目立つ構成だった)



そして、夜のJ2リーグ戦「ファジアーノ岡山vs徳島ヴォルティス」も観戦。

徳島からも多くのファン・サポーターが駆け付けた試合は、徳島の圧勝だった。
(岡山は2枚目の交代まで、全く攻撃の形が無かった)



ファジアーノにとっては、ひどい内容の試合だったが、応援は目を引き付けるものがあった。

特に

・応援の中心部でも、女性や子どもが頑張って応援している姿


間違いなく、ホームゲームの雰囲気が作られていた。排他的要素は、ほとんどないように感じた。




関東では、ファジアーノサポの雰囲気なんて想像もつかなかった。

それでも、

タダ券を使わずに多くの観客動員があること(何せ、県知事や市長も年間パスを買っている)

チームカラーに染まったスタンド



このチームは今後も伸びていくだろう と妄想にふけりながら、岡山を後にした。

posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 22:16| Comment(0) | その他J1J2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする