2017年04月24日

ハードなGW3連戦に向けて

世間一般的は、今週末からGWに突入する。

(最も、おれは6月半ばまで出張仕事だが)

そんな中、JFLは1週間で3試合をこなすハードな日程となる。


昨年も同様の日程だったが、浦安は3連勝を上げた。しかし、今年は簡単に行かないだろう。

まず、昨年は ホーム →アウェイ→ホーム だったが、
   今年は アウェイ→ホーム→アウェイ


今年の日程を考えると、最悪なのはホームで負けること

となると、天皇杯1回戦突破の肉体的&精神的疲労を考慮して、次節は「これ以上できないくらいのターンオーバー」をするのも一考だろう。


ターンオーバーで出場する選手が、高井青のように「傍から見てもやる気十分」なプレーを魅せてくれれば、本当にうれしい(しかも、おれが好きなチームのホームスタジアムで)。
あと、次節はノーベル文学賞作家候補(と一部の浦安ファンが呼んでいる)が相手のベンチにいる。

IMG_3322.JPG

ただ、今年の明治安田生命J1リーグ甲府vs新潟のようなこともある。
【甲府の吉田監督は、昨年途中まで新潟の監督だった。この試合は新潟が、コーナーキックから2点も決めて、2−0で新潟が勝利】

それでも、相手は、間違いなく強い。ピッチ状態もいい(昨年は、ベストピッチ賞を獲得)。
試合に出る選手は、思う存分長所を出し切ってほしい。




その後は中3日で、市原臨海でホームゲーム。
ここでは、勝ち点を取っておきたい。いい加減、ホームゲームでラインダンスをやってほしい。




さらに中3日で、ロングアウェイ。都並敏史テクニカルディレクターにとっては、最もライバル意識のある監督が相手。名勝負が観られるだろう。



この1週間は特に大事。今後を考えると、都田での試合はベストメンバーでなくても全く問題ないので、6月21日に向けて完成度を上げてほしい。

posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 22:05| Comment(0) | J3 その他JFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

Honda FCのプライド@仙台

ちょっと前の話になるが、9月22日(祝) 年中「ハロウィン状態な」中年の車に、LB-BRBファンと同乗させてもらい、仙台へ日帰りで行ってきた。

目的地はユアテックスタジアム仙台(以下、ユアスタ)
おれは「12日ぶりに来た」が、そのときは試合後に酷いものを見た。

片や中年は、「大塚製薬を見に来たとき以来」らしい。

スタジアムに着くと、屋根を支える梁の曲がり具合に関心していて、その部分をアップにして写真を撮っていた。


意気揚々とスタジアムに入場しようとしたところで、ハプニング発生。




上のツイートの写真奥にいるのが、おれ。このとき、目が点になっている。ユアスタには少なくとも30回以上来場しているが、こんな出来事は初めて。

キックオフ40分前にスタジアム内へ入ると、観客がまばらだった。ソニー仙台のホームゲーム開催時よりも少ない。このカードを「天皇杯料金」で観たい人が多いほど、仙台にサッカー文化は根付いていない…
IMG_2479.JPG

それでも、グルージャ側もHonda FC側もゴール裏はそこそこ人数がいる。

本拠地が仙台から遠いHonda FCもファン・サポーターが少なからず駆け付けていた。それ以外には「JFL連合」の姿も。




おれも「浦安ファン」として軽くあいさつ。近くにいた八戸ファンを意識して「奈良・沼津・八戸のように腰掛けのつもりはないです。よろしくお願いします。」とちょっぴり挑発的なことを言っておいた。

その後、両チームの選手紹介。
Honda FC の選手がオーロラヴィジョンに映るのは斬新だ
IMG_2476.JPG
(栗本選手と鈴木選手が浦安に来れば、年間勝ち点60はいけるだろう)


盛岡の選手紹介も終わり、トイレに向かおうとしたところで、審判紹介があった。
「家本政明」と聞こえた瞬間、大声で「えっ!」を叫んでしまった。


とはいえ、サッカーは審判がやるものではない。

選手入場時にHonda FCファンは「日曜日よりの使者」を歌うが、おれは宗教上の理由で歌わず。

試合が始まると、Honda FCの立ち上がりがいい。JFL連合も、いい雰囲気の応援で選手を後押しする。

前半10分ころ、グルージャがファールを与える。そのジャッジに対し、グルージャのゴール裏から審判に対する野次が多く飛ぶ。

おれは、野次が多すぎると思った。もちろん、そういったシーン以外は、Honda FCより大きな応援だったけど。

片や、Honda FCの応援はネタに走り始める。若いコールリーダーが「アッコちゃんやります!」と叫ぶと…









「若者が中年をいじめている光景」が見られた。


ピッチ上では、グルージャの左サイド・安楽がキレキレ。サイドを崩した、いい攻撃も散見された。

それ以上にキレていたのが、Honda FC 細貝竜太。中盤から前線へ絶妙なスルーパス。

左サイドへ上手く抜けた久野が、大町にラストパス。コースを見極めてシュート。ネットを揺らす。

Honda FC先制
もちろん、ゴール裏は大盛り上がり! ピッチもスタンドも一体感があり、このまま前半終了。


ハーフタイムの客席はくだらない話で盛り上がる(特にJFL連合)。


後半もHonda FCが優位に試合を進めていたが、ワンプレーで流れが激変する。




グルージャがロングボールを蹴る。それに反応したFWとHonda FCの選手が競り合う。

ここで笛が鳴り、グルージャにセットプレーが与えられた。

楽しく応援していたHonda FCの応援席も、さすがに凍り付く。

ここで、両チームの選手がヒートアップ。
GK清水谷は抱えたボールを放そうとしない。場合によっては警告が出てもおかしくない。
ここで、盛岡の選手がボールをむしり取ろうとして、清水谷を倒してしまう。


この行動を副審が見ており、盛岡の選手が一発レッド。
清水谷が「家本は確変モードに入った状態」であることを察してボールを放さなかったのだろう…



盛岡の視点から考えると、FKならボールをむしり取る気持ちも分かる。
有名な例を挙げれば、今年のJ1リーグFC東京vsアルビレックス新潟のシーンだ。(37秒以降)



でも、与えられたのはPK。なぜヒートアップしたのか…

このPKはグルージャ・梅内が決めて同点。

とはいえ、グルージャは1人少ない。その直後にも、MF牛之Mが退場。

この一連の流れで言えることは、審判に合わせたサッカーなら、Honda FCが上手。グルージャも神川監督を率いて魅力的なサッカーをしているが…


これで、グルージャは「決定的なシュートを打たせない」守備を徹底するしかなくなった。

そうなると、いくらHonda FCでも勝ち越しゴールを決めるのは難しい。

ピッチ内の閉塞感が、Honda FC応援席にも伝わってくる。となると、


若いコールリーダーが「アッコちゃんやります!」



中年のアゴが上がっている。まさに魂の走り。


延長戦も想定されるが、Honda FCは75分に交代枠を全て使い切り、勝負に出る。


目の前のゴールネットを揺らすために、一体感ある応援を続けるHonda FCファン&JFL連合

ずっとピッチの向こう側で試合をしていても、声を枯らして応援するグルージャ盛岡ファン

観客数が1,075人しかいないとは思えないほど、ユアスタの緊迫感が増す。

ネットを揺らすことはできないまま、後半ロスタイムに入る。

スタンドにいた観客のほとんどが、延長戦を想定していたであろう。


しかし、Honda FCの選手は90分で決める「強い心」を持っていた。

右サイドを実効支配していた細貝竜太がファーに速いボールを蹴る。グルージャの選手の頭上を越えたボールは、走りこんでいた早大卒の中川裕平にドンピシャ。右足を振りぬいたボールは、豪快にネットを揺らした。


Honda FCついに勝ち越し

この瞬間、Honda FC応援席は、長年のファンだろうが、ユースっ子だろうが、JFL連合だろうが、そんなの関係なかった。みんなで目の前のゴールに熱狂し、喜びを分かち合うのみ。

このまま試合終了。ダイジェスト映像は以下のとおり




試合後には応援席近くまで、Honda FCの選手があいさつに来てくれた。みんな清々しい表情に見えた。中年は選手に力水を渡せず、残念な表情だったが。


その後、相手に敬意を表するため「グルージャ盛岡」コールが行われた。

すると、グルージャ盛岡の監督・スタッフ・選手があいさつに来てくれ、その行動には感動した。

IMG_2487.JPG

IMG_2484.JPG


でも、おれが1番感動したのは、この後の出来事だ。


両チームの選手がピッチから去り、Honda FCの若いコールリーダーの音頭でJFLコールが起こる。



通常だと、リーグの名前をコールするパターンは2つ。

1つは、自分たちが昇格を目指しているリーグをコールするパターン(達成したときにコールすることもあるけど)。

もう1つは、相手チームを「はやし立てる」ときに使うパターン。


自分の所属しているリーグをコールするパターンは、初めて体験した。Honda FCのファンはJFLに誇りを持っていることが伺えた。


さらに、JFL連合(他チームファン向け)へプレゼントが。

IMG_2489.JPG

話を聞くと、チームが用意してくれたものだった。Honda FCの心意気には感服するばかり。
(もしも、浦安がこんな状況になったら、お礼状くらいは作っておきたい)


先ほど書いたとおり、ユアスタには何十回も足を運んでいるが、この遠征は、本当にいい思い出になった。





追記・中川裕平の劇的ゴールから74時間後。リーグ戦で浦安は、後半ロスタイムに笠松亮太が劇的ゴールを挙げて、JFL残留が確定。参考→リーグ得点王がいないなら…

これからも、みなさんにはお世話になります。

posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 22:11| Comment(0) | J3 その他JFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

「下から目線で」JFLチャンピョンシップ

 JFLチャンピオンシップを観に仙台へ行ってきた。

IMG_0763.JPG

 ブリオベッカ浦安が、来年昇格するリーグの優勝決定戦であることも理由の1つだが、


 ソニー仙台・ヴァンラーレ八戸の2チームが、単純に好きだからである。
(東北のチームであること。ファン・サポーターに共感したことetc)


参考
ソニー仙台ホームゲーム観戦記:強風には勝てない

ヴァンラーレ八戸ホームゲーム観戦記:「無垢な田舎者」は恐ろしい



 開門前に到着し、両チームのファン・サポーターへ挨拶をする。みんな「ブリオベッカ昇格おめでとうございます!」と祝ってくれたが、

 しかし一部の八戸サポからは、「ラインメールに負けた」ことに対して、苦情が寄せられた。


 言葉を交わしたファン・サポーターの様子から、「悲壮感」「使命感」といった雰囲気が全くないことに驚いた。

 全国リーグの初優勝が掛かった試合なのに、「サッカーを楽しむ」姿勢が前面に出ている。両チームファン同士の雑談もあり、Jリーグで散見される、殺伐とした空気は少しもない。



 試合開始1時間前になり開門。 両チームのサポーターが、急いで横断幕を設置する中、おれは特等席を確保。

 選手がアップのために姿を見せると、歓声が起きる。

 国内屈指の球技専用スタジアムにふさわしい臨場感が生まれ始める。



 選手が下がり、試合開始まであと少しの段階で、

 両チームのスタジアムDJがファンの熱気を盛り上げる。IMG_0772.JPG
 
 チーム同士が、友好な関係にあることが伺える。

 さらにいえば、試合運営も素晴らしい(人員が適度に割り振られていて、混乱が生じた場面は全くなかった)

 ただ、
IMG_0777.JPG

 八戸の大漁旗が、スタジアム名を思い切り隠していた。(さすが無垢な田舎者)
 ↑後半開始時には修正していた。


 そして選手入場
IMG_0774.JPG


 報道陣が多い。


 試合が始まる。

 1stレグで負けているソニーが圧倒的にボールを支配する。

 ソニーは、昨年の関東大学リーグ得点王の前澤選手が、左のウィングの位置にいる(3-4-3で、4のところの1番左)。(前線の選手が豪華で、運動量豊富なボランチがいるからこそ)

 前半はスコアレスで折り返したが、八戸のシュートはゼロ。
 それでも、「八戸のファン」「ソニーのファン」に負けじと盛り上がる。



 ハーフタイムにトイレへ駆け込んだとき、とあるファンが「Jリーグより面白いね!」と言ったセリフが離れないまま後半開始(ベガルタも好きなおれからすれば、かなり複雑)。

 後半もペースはあまり変わらず。(決定的ではないが)八戸はシュートで終わる攻撃も出てきた。


 しかし、後半24分

 ソニー仙台にゴールが生まれた!

 しかも、決めたのはソニー在籍8年目で宮城県出身の村田選手。

 これで2試合の合計スコアは1−1のタイになった。1,700人以上集まったファンのボルテージは上がる一方だ。(通常のリーグ戦では500人程度の来場者数)
 


 八戸も防戦一方だが、なんとかしのぎ延長戦に突入。

 延長戦になると、足の止まる選手が見え始める。


 しかし、ソニーのボランチはまだ余力があるように見える。

 1人はキャプテンの瀬田選手(4月に観に行った試合ではゴールも決めた)

 もう1人は細見選手

 おれの中では↓のイメージだった
IMG_0476.JPG

 ファンサービスの一環として行われたビンゴ大会の司会者

 

 面白い関西人というイメージだったが、考えが大きく変わった。

 残り10分足らずの場面では、豪快なミドルシュートも放った。

 メインスタンド中央からみて、「入った!」と思ったが、バー直撃。



 ソニーが押し続ける残り5分、両チームとも最後の交代を行う。

 八戸は満を持して鳥山選手が登場。

 右サイドという名の滑走路を疾走し、いいクロスも上げるが、ネットを揺らすことができず。



 スコアが動かないまま延長戦も終了。



PK戦は省略



 結果、ソニー仙台がJFL初優勝

IMG_0824.JPG

 本当におめでとう



 八戸の選手は悔しさがにじみ出ていたが、表彰式でも胸を張っていた。


 その後はアマチュアらしく、選手がお互いのサポーターの元にあいさつしていた。

IMG_0825.JPG
(八戸の選手のあいさつは撮れていない)


 サポーターは、お互いのチームコールをする「ノーサイドの精神」をもっている。






 さて、

 来年、ブリオベッカ浦安はこの素晴らしいリーグに挑む。


 特に、ソニーの攻撃は「驚異」の一言だ。JFLのバルサといっても過言ではない。正直怖い。

 もちろん、八戸・Honda etcもレベルが非常に高い。



 それでも、この日のファン・サポーターのように、試合を盛り上げて、リーグを盛り上げたい。

 




posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 22:35| Comment(0) | J3 その他JFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする