2017年11月15日

人には口が一つなのに、耳は二つある

それは自分が話す倍だけ、他人の話を聞かなければならないからだ。byユダヤのことわざ





おれが学生のころ、長い期間にわたり低迷しているプロ野球チームがあった。

名将と呼ばれる男が監督に就任してから3年目、7月の中断期間中のこと。
その監督と、球団オーナーが会談を行った。監督は、オーナーに対して以下の提言を行った。
「チームの成績が悪いからといって、監督をコロコロ代えて済ますのは、的外れです。チームの心臓は編成部。ここから治療しなければ、強いチームは作れません」

(ドラフトやFAなど)チームの強化論について提言したところ、オーナーは、このように反論した。
「(ポジションが被ろうとも、他球団の主力選手を大型契約で加入させる)巨人のやり方が正しいというのかね!?」
そう聞かれた監督は、
「ある意味では正しいと思います」と応じた。
チーム強化論が真っ向から対立した結果、この会談は3時間以上の時間を費やした。

会談中に監督は、退任後のことも話している。
「このチームを変えられるのは西本(幸雄)さんか星野(仙一)くらいですよ」


会談が行われたのち、オーナーの心構えが変わったのかどうかは分からない。変わったことがあるとすれば、球団OBの意見を聞くようになった。シーズン終了後には、他球団の監督を退任したばかりの野球評論家と、水面下で会談を行っている。

紆余曲折を経て、オーナーはその野球評論家に次期監督就任の正式オファーを出す。その席で、野球評論家はオーナーに対し、辛辣な発言をした。
「阪神を変えるには、まずあなたから変わっていただきたい!」

結局、その評論家が監督に就任。巨人のやり方を駆使しながら、リーグ優勝を達成した。






贔屓チームに対して、上記のことをやってほしい。そこまでは思わないが、昨日のブログに書いたとおり、現状認識はしてほしい。


選手の育成には「ある程度」定評がある。これは正しいだろう。


しかし、昨シーズン末〜今シーズン途中の出来事を飲食店に例えると、
自前で、おいしい和牛を育てている。
しかし、店の看板メニューだった和牛が無くなった。
それでも、何も変えず(変えられず)に経営をしていた焼き肉屋



近年の日本国内で「自分たちのスタイルは変えないサッカー」といえば、ミハイロ・ペトロヴィッチのサッカー(通称・ミシャ)だろう。ミシャだって、チーム状況によっては、違うサッカーを選択することもあった。


【J1:第2節 大宮 vs 広島】ペトロヴィッチ監督(広島)記者会見コメント

【J1:第2節 大宮 vs 広島】レポート:『勝点3を取るため』のカウンターサッカーに徹した広島と、数字では圧倒しながら敗れた大宮。チームとしての成熟度の差が結果に表れる。(以上、J’s GOALアーカイブ)




ミシャのサッカーも浦安のサッカーも、極めれば美しいサッカーといえる。

しかし、人生と同じで、うまくいかないことも多々ある。他の考え方が必要なときもある。寄り道が必要なときもある。

そうなったときの判断が遅くなってしまい、浦安は降格圏のままシーズンが終わった。





「浦安らしいサッカー」は、確かに素晴らしいかもしれない。しかし、それだけではJFLで結果を残すことができない。
今季終盤、攻撃でも守備でも結果を出した柴田監督を契約満了にした以上、スポンサーさんや関連企業の方々の目は厳しくなる。球団首脳には、この点を意識して、来シーズンに向けた活動をしてほしい。(万が一、この状況でも自惚れていたら、チームは存続できないだろう)
posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 00:00| Comment(0) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

自己満足な今年の5大ニュース

今年最後の投稿になる。

本当に「自己満足」な5大ニュースなので、時間があるときに見てくれれば幸いだ。




5位

   おれのTwitterが、「東京23FC公式」にリツイートされる。




 東京23FC公式にリツイートされていると知ったときは、変な声がでた。

 敵チームのファンと知りながらリツイートした、東京23FCの「心の広さ」を嬉しく思った。試合の90分以外では、友好的な関係を築いてお互いにチーム力を高めていきたい!



4位

   河北新報の手抜き記事







 このツイートのとおりだが、河北新報は、 JFLよりも大学サッカーが弱い と勝手に定義づけている。

 河北新報は、宮城県内でのシェアがダントツである。なのに、こんなド素人みたいな記事を書くとは…


 こんな記事でも大多数の読者は鵜呑みにするだろう。そんなことでは、サッカーを観る目が肥えるはずもない……

 ファン・サポーターが「誤った記事を信じ、誤った判断を支持する」ことになりかねないのだ。(これが現実に起きたのは、2009年の大分トリニータ)

 ちなみに、1週間後の ベガルタ仙台vs仙台大学 の天皇杯は、ベガルタがベスメンを出したにも関わらず、3−2の接戦だった。



3位

   おれのTwitterが「関東サッカーリーグ公式」に「いいね」される




 浦安が、最下位の日立ビルをホームに迎えた一戦。

 前半立ち上がりにまさかの2失点を喫し、反撃及ばずに負けた試合の直後にツイートしたのが、上の文章だ。

 ツイートをアップした直後、「関東サッカーリーグ公式」に「いいね」された。おれは、開いた口がふさがらなかった。

 思ったことをそのまま書いただけなのに…

 ちなみに、「関東サッカーリーグ公式」が「いいね」を押したツイートは、これが今年唯一

 なんで、「中の人」は賛同してくれたのだろうか



2位

   ベガルタ仙台サポを批判して、ボヤ騒ぎ発生





 この記事で書いてある「排他的要素」を定義づけるなら、「サポーターが、他のサポーターを来づらくする」こと。もちろん、暴力や差別的発言は論外。

 それ以外にも、「コアサポーターの常識」が、他所から見ると観戦の妨害になる点がある。

 ベガルタの場合、以下のツイートのような状態が見受けられたので、批判覚悟で記事を書いた。




 記事をアップしたら案の定、批判がいくつか来た。

 どちらの意見が正しいのか?

 それは、この記事を更新して以降、サポーターがどんなことを行ったのか? を確かめて判断してくれれば幸いである。

 
 注.松本山雅については、好きな点も嫌いな点もたくさんある



1位

   ガチ応援解禁


 おれも若いことに比べると、さすがに歳をとってきた。そんな男がガチ応援をやった場合、第三者から見ると「悲壮感」や「使命感」を感じてしまうだろう。

 見苦しい姿で応援すると、第三者が「一緒に応援してみたい」と思うことはない。

 こんな理由で、「ガチ応援」は、しばらく封印していた。


 が、スペリオ城北の今季最終戦 vs東京消防庁 は 数年ぶりにガチ応援をした。


 理由はただ1つ。

 「昨年の悲劇を味わいたくない」 参考・優勝より価値のある敗北


 ・スペリオ城北の応援は、声出しファン以外からの支持が高い

 ・ほとんどの観客は昨年の悲劇を知っていて、今年こその想いは非常に強い

 
 こういった要素も重なり、試合中は必死に応援した。10月のナイターでも、とにかく熱い試合だった。おれは試合中ずっと暑かった。



 結果、

 
 試合終了間際に、スペリオの満城選手が勝ち越しゴールを決めた直後は、ガッツポーズしながら後ろに倒れこんだ。

 スペリオが勝利を収めた40分後でも、半袖シャツ1枚でちょうどいい体感温度だった。(ちなみに、気温は16℃くらい)



 ここまでガチ応援をすることには賛否両論あるだろう。でも、来年はしません(多分)




 
 この記事を読んでくれるみなさんのおかげで、本当にサッカー観戦を楽しめた。

 

 1年間ありがとうございました!

posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 00:57| Comment(0) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

サッカーの早慶戦

 11月初旬、六大学野球の早慶戦を観戦した。
 エール交換などを行いお互いの存在を尊敬しつつ、学生・OB・OGたちの応援で神宮球場は大いに盛り上がった。


 スマホで早慶戦のwikipediaを見てみると、興味を惹く記事だった。初めての対戦は1903年。今から111年前である。その後は過熱の一途をたどり、

1906年秋、第1戦に勝利した慶應の学生が大隈重信邸・早稲田正門で万歳を行えば、第2戦に勝利した早稲田の学生も福澤諭吉邸・慶應正門に大挙して万歳三唱を行うなど、両校応援団は一触即発となる。応援席の配分を巡る混乱もあって、険悪な状況となった。更なる事態の悪化を危惧した両校当局は第3戦を中止、以後早慶戦は長い空白期間に入る。慶應が学生大会を開いて全競技での早稲田との試合禁止を決議すれば、早稲田も慶應に絶縁状を送るなど、両校の関係は修復不能と思われた。(以上wikipediaより転載)


 その後19年の中断を経て、1925年に再開したとのこと。

 現在の日本のスポーツで、過剰な煽りはJリーグの試合のみ見受けられる印象がある。

 そういった煽りをしているモンスターサポは、試合禁止などといった事態を想定しているのか疑問である


………話を元に戻す


 野球ではなく、サッカーの早慶戦は、1950年に初対戦があったらしい。ちなみに、国内サッカー試合初のナイトゲームである!!

 Jリーグは20年続いた歴史を誇っているが、サッカーの早慶戦は今年で64年目である。およそ半世紀違う。


 このことを知って、是非観戦したいと思った。
 それから、2週間後に西が丘でリーグ戦が開催されることも分かった。


 「西が丘」で「早慶戦


 おれが、西が丘に着いたのは、試合開始直前だった。

 ヴェルディ主催試合よりずっと客足がいい。

 特に、早稲田を応援するゴール裏はびっちりサポーター(学生)で埋まっている。
 メインもバックも立見がでる盛況っぷりだった。


 試合が始まった。
 
 選手は特長のある(試合で使えるこれといった長所)選手が多く見応えがあった。
 高校時代も有望だった選手が、下手なJ2よりも恵まれた環境で練習しているだけあって、みんなベガルタに来 (以下略)などと妄想するくらい上手い。


 でも、1番惹かれたのは応援合戦である。

 慶応の応援もよかったが、早稲田の応援は一体感がすさまじかった!
この応援を観るためだけに、西が丘に来た価値があった。

IMG_20141116_131459.jpg

 同点に追いつくゴールが決まったかに見えた瞬間の応援ボルテージは、J1と何ら変わらなかった。

 それでも、試合後は、両校の学生とも煽らず荒れず、節度を持っていた。クリーンな態度に好感を抱いた。


 次の試合の専大vs順大は、順大が個で押し込もうとしたが、専大の組織的なサッカーが上回り、専大が勝利。関東大学1部優勝となった。



 ピッチ内外で見応えのある2試合を観戦して思った。

「これまでいろんなサッカーを観てきたけど(クラブワールドカップ決勝や海外のACLや東京都2部リーグetc)

大学サッカーをもっと観たい」



posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 21:48| Comment(2) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする