2017年07月08日

最下位のチームは間違いなく「弱い」

柴田峡氏が新監督に就任したブリオベッカ浦安。

監督の初陣となる今日は、セカンドステージの初戦。スタジアムへ向かう その前に、



なぜか汐留へ。










(具体的な説明は省くが、八戸側は年1回くらいやるらしい。浦安側は初めて)





選手より有名な八戸サポは、明らかに浦安ファンを見下している(汗)


汐留を朝8時過ぎに出発したが、少し暑い。スタジアムへ着く前に、モーニングサービスがある喫茶店へ寄る(おれの場合、ロングアウェイではよく行く)

今回は、スタジアムから500m西にある「サフランズカフェ」に立ち寄った。浦安ファンも八戸ファンも長居する。


10時過ぎに、スタジアムへ到着。既に八戸ファン数人がいた。
11時前に「ピンクが似合う不審者(に見える男)」が、関係者入口に入った後、横断幕の先行掲出が行われる。掲出が終わり、





千葉ロッテの交流戦応援歌に合わせて、「我らJFL 素敵なリーグ 倒せJリーグ がんばれ八戸」とエールを送った。(今朝まで、一部の浦安ファンは「倒せJ1」と歌おうとしていた)


そして、開門。

IMG_3776.JPG

ホーム側のグッズ売り場と同じくらいかそれ以上に、アウェイグッズ売り場は人だかりが。

IMG_3775.JPG


大事なセカンドステージ初戦ということもあり、通常の柏の葉開催よりも人出があった。Jリーグのグッズを身に着ける方もいて、少し嬉しかった。

キックオフ30分前には両チームのファンが、「マジメな茶番」を行う(茶番にご協力いただいたみなさんに感謝)。


この間、ピッチ上では両チームの選手がアップを行っている。

このスタジアムは、客席が屋根で覆われているので比較的涼しいが、ピッチ上は灼熱。

選手にとっては、過酷なコンディションだ。


運営ボランティアの方やスタジアムDJのアナウンスで、水分をこまめに摂るよう注意が繰り返される。


ピッチ内アップが終了してから、浦安ファンは「くだらない話」をする。おれは、その時間でひたすらスタグルを食べる。フランクフルトもチキンゲバブも美味!


そして、いよいよ選手入場。いつもの後援会ソングで送り出す。

新監督の初陣ということで、布陣をよく確認しているうちに、キックオフ!


…守備時は5バックで攻撃時は3バック。それでいて、統率はとれている。

アタッキングサード(ピッチを縦に3分割して、1番相手ゴールに近いエリア)でスローインを投げるときは、100%ロングスロー。


新監督が前にいたチームのサッカーとうり二つだ。

そして、前半最初のコーナーキックのチャンスを得る。

ここでおれは、「もし山雅だったら、ここで先制点が入る」と独り言を言った。
柴田コーチ(当時)がいたころの山雅は、節目の試合でそういう傾向があるからだ。
パッと思いつくのは2つ。


1つは、山雅ホームゲームで初のチケット完売となったvsガンバ大阪(2013)



もう1つはJ1昇格後、最初のゲームであるアウェイ名古屋戦(2015)



今日の試合でも、という思いの中でコーナーキックが蹴られて、


笠松ヘッドで浦安先制!!


もちろん嬉しい気持ちが大きかった(みんなとハイタッチできた)が、柴田監督のスカウティング能力の高さにも驚いた。セットプレーのスカウティングなら、日本屈指といっても大げさではないだろう。


この後は、浦安の布陣が急造とは思えない完成度を見せる。攻撃はロングボール多用だったが、ワントップ気味の菊島がよく動けていた。
おかげで、スタンドの雰囲気も、最下位とは思えない感じだった。

逆に、八戸が攻撃しているときのセカンドボールはよく拾える。ボランチと5バックの距離感がよい。
八戸のファールが多かったこともあり、(この日の酒井達矢主審は、ファールを多くとる傾向があったとはいえ)。前半はシュート1本に抑え、無失点で前半を折り返す。


ハーフタイム中に、チアリーダーのみなさんとべか彦は、灼熱のピッチ中央でキレキレのダンスを踊っていた。

おれは、それに対抗して?コンコースで踊ってみたが、キレの悪いタコ踊りになってしまった。
学生さんに「ピッチを見ずに後ろ姿だけ見ると、変質者に見える」と言われてしまい、恥ずかしい思いをした。


そんな余興をはさみ、勝負の後半。

八戸の攻め方が変わった。サイドで数的優位をつくり…… どこかで見たサッカーだと思ったが、浦安がPA内でファールをしてPKを与えてしまう…
(ボールホルダーへの寄せがはっきりしなかったり、最後まで粘り強くくっつけないとか、審判に合ったプレーができないとかetc)

細部での甘さまでは治っておらず、PKを決められて同点に追いつかれる。その直後、またPKを与えてとうとう逆転される。

しかし、浦安の選手たちの目は死んでいなかった。


柴田監督も矢継ぎ早に交代を行い、勝負の姿勢を見せる。

(気温31℃以上のため)3分間のブレイクタイム中には、選手に長時間指導する姿も見受けられた。


その直後、八戸に追加点を取られる。
選手の意思統一の差を感じた…

それでも、浦安はいい展開からシュートを打つシーンは作った。客席からは「アッー!」という声も聞こえる惜しいシュートもあった。(個人的に「もったいない」とか「残念」といった空気を選手に伝えたくないので、そういった声は出していないけど)


スコアは変わらず、このまま試合終了。
ブリオベッカ浦安は1−3で敗戦となった。


大勢来場していた八戸サポ・ファンが大喜びする傍らで、柴田監督だけにはインタビューが行われた(新監督の初陣のため)。「90分間あきらめない」と言ったとき、ファンにお辞儀するときのギラギラした眼が印象に残った。


試合後は、いつものように選手による来場者へのお見送りが行われていた。意外と悲壮感はあまり感じなかった。笑顔の中にも、「悔しい」という思いはにじみ出ていたように感じる。





試合終了から数時間経って、この日の出来事を振り返ると

スタンドから悲壮感は、さほど感じなかった。vs今治・vsマルヤス岡崎のほうが最悪の空気だった。子どもたちも、90分間ピッチに声援を送っていた。


それでも、順位は最下位。厳しいことを書くと、残留するより降格する可能性のほうが高い。

それだけ「弱い」ならばどうすればよいか?
大前提として、柴田監督の元で意思統一すること。90分間で全力を出すこと。相手より走ること。
特に、2013〜2014年の山雅は、それができていたように思える。


来場者は、華麗なプレー「だけ」を見に来ているわけではない。天皇杯@日立台のように「全員が全てを出し切る」姿にこそ感動するはず。この信念は、おれが浦安を応援する前から変わらない。

posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 22:18| Comment(0) | ブリオベッカ浦安(JFL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

ブリオベッカ浦安の今後に向けて

注・  この文章は、「ブリオベッカ浦安が好きな」1人のファンが書いている。
   決してファン・サポーターの総意ではないので、あしからず。



 2011年から浦安のトップチームを率いてきた齋藤氏が解任された。現在のJ1、J2、J3、JFL計70クラブ(J3のU-23除く)の監督で、齋藤氏より同じチームを率い続けているのは、カマタマーレ讃岐の北野監督のみ。この事実だけでも、いかに長期政権だったのかが分かる。


 昨シーズン終了直後に、齋藤芳行監督続投が発表されたが、その頃から「嫌な予感」はあった。

 昨年のホームゲーム最終戦となったvsアスルクラロ沼津
 JFL 2nd. Stage第14節 vsアスルクラロ沼津(公式HP)

 観客の皆様との会話の中で「すごく面白い試合でした」という声がたくさん聞かれた。この1ピースを見極めて修正することで来年のホームゲームでは結果を伴う「ワクワクサッカー」をお見せしたいと思う。(中略)谷口代表からは「浦安のサッカーは面白いでしょ?もっともっと上の成績を出せるチームになります」。


…当時は、この文面をみたときに、「自惚れ」と思ったが、その予感は現実となってしまった。



次期監督は誰になるのか分からないが、
「子どもたちにとって、ワクワクするサッカー」とは何なのか? という点だけは熟考していただきたい。

Honda FCのように「横綱級の戦力」を抱えているチームなら、常にパスサッカーでもいいだろう。どんなときもゴールを狙うサッカーでもいいだろう。
そのサッカーを続けた結果、JFLから関東リーグに降格しても、「子どもたちにとって、ワクワクするサッカー」であれば、継続すればいいだろう。


しかし、「子どもたちがワクワクするサッカー」は、「華麗なパス回し」だけではないはずだ。
先日の日立台で「華麗なパス回し」は、ほとんど無かったが、子どもたちは選手たちに声援を送り続けた。なぜか?
おれの勝手な考え方だが、「高い集中力を保った守備」を続けたからだと考えている。

もちろん、齋藤氏のサッカーから上積みできる監督を呼ぶことが理想(暴論を書けば、ミハイロ・ペトロヴィッチ)。
欲を言えば、前から奪いに行くにせよ、ブロックを作って構えるにせよ、「一体感をもった激しい守備」を構築できる監督を招聘してほしい。



これだけ辛口のことを書いた以上、おれは、来年カテゴリーが1つ落ちても、ファンを続ける。(現状では考えられないが万が一、スタンド内でゴタゴタが起きた場合は分からない)



「浦安の子どもたちがワクワクするサッカー」とは何なのか?難しい時期だからこそ、ブリオベッカの関係者は、じっくり考えてしてほしい。
posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 21:55| Comment(0) | ブリオベッカ浦安(JFL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

ブリオベッカ浦安の執念及ばず@日立台

平成29年6月21日 午後4時

 横殴りの雨の中、おれは日立台ビジターゲート待機列の最前列にいた。「列」といっても、前も後ろも誰もいない。傍から見れば、寂しい光景だろう。
 ほどなくして、浦安唯一のコアサポが到着。それでも、まだ2人しか並んでいない。
 
 16時半になる少し前、ビジター待機列のスペースにバスが1台入って来た。最初は「応援バスが早めに到着したのかな?」と思ったが、少し様子が違う。



 浦安の選手バスではないか!

 ビジター運営の関係者は、一瞬パニックになっていた。直後、警備員の指示の元、バスはその場でUターンして、柏の葉方面に正門へ向かっていった。そのとき、2人の野郎が「ブリオベッカ!」コールをしたのは、言うまでもない。

 想定外の出来事を経て、17時に開門となる。
 数十人のレイソルサポがキビキビと弾幕を張る中、ビジター自由席にいる観客は、おれ含め5人だけ。運営関係者のほうが多かったはず。弾幕の到着が遅れたこともあり、ビジター自由席の真ん中で、まったりしていた。

 17時半ころ、ようやく弾幕が到着して、せかせかと掲出する。
 この頃から、浦安側の観客はどんどん増える。オーロラビジョンに、ブリオベッカのロゴが映る。

IMG_3453.JPG

 気が付いたら、おれは夢心地になっていた。ブリオベッカのホームゲームは、浦安市内で開催できないこともあり、1,000人入ったことすらない。それが、日立台で数千人の観客がいる中、試合ができる。
 本当に幸せな環境だ。

 18時10分になり、GKのアップがピッチ内で始まる。「すぐ目の前に選手がいる」日立台ゴール裏特有の「迫力」に興奮しっぱなしだった。その後、フィールドプレーヤーのアップも始まる。選手の表情は「スイッチが入っている」ように思え、その期待は高まる。

 シュート練習が始まると、ゴールマウスを外れたボールが、どんどん応援席に飛び込んでくる。ほとんどの大人は怖がっていたけど、ほとんどの子どもたちは、ボールが来ると喜んでいた。さすが。
 
 練習の最中に、両チームのスタメンが発表される。浦安は言うまでもなく、ベストメンバー。
一方の柏レイソル。リーグ戦のスタメンではないはずなのに、
「ブラジルW杯に出場した、ユンソギョン」
「ボランチは細貝&栗澤」
「ロンドン五輪で大活躍した大津」
「昨年のJ1リーグでハットトリックを決めたディエゴ&ロペス」

…4部リーグのJFL最下位相手にこのメンバー。第三者から見ると、「オーバーキル」と思われるような豪華さ。予想していたとはいえ、「レイソルすごい」


選手のアップも終了し、最前列の前にある通路は、人が多く通るようになる。おれが気が付いたときは、会釈をしたり「こんにちは」と声を掛けたりした。

そんなことをしているうちに、選手入場を迎える。後援会の方が考えた応援歌を歌い終えた後、通路を1人の若者が通る。どこかで見た顔と思ったが、すれ違ったとき「ガチムチの体格」を見て声を掛けた。

 昨年までブリオベッカ浦安のDFだった、高井青(たかいじょう)選手だ。2年前昇格したとき、関東リーグ後期の8連勝に貢献。現在は、ドイツ5部でプレーしている。キックオフ直前だったので、あいさつ程度しか話はできなかった。

 その頃、ピッチでは記念撮影が終わっていた。選手たちは軽いボール回しをして、円陣を組み、その輪が解ける。GK大野が、おれのすぐ目の前にいる。ゴールネットの真後ろ、最前列。「みゃ長ポジション」にいたおれのテンションが、最高潮に達する。

 いよいよ、キックオフ。

 当然のことながら、レイソルが優勢に試合を進める。前線の推進力は目を見張るものがあった。しかし、おれがひるむ訳にはいかない。普段は「楽しく応援しましょう!」と浦安ファンに声を掛けているのだが(今日の試合前も)、
 とにかく、浦安の選手を応援することに集中。周囲から「こえー」とか「ぎゃー」といった声も聞こえたが、8m先に浦安のキーパーがいる。おれは、とにかく、「大野いいぞ!」とか「今日は当たっているぞ!」と声を張り上げた。周りは、少し引いたかもしれないけど

 浦安がシュートまで持っていくシーンもあったが、柏の猛攻は続く。バーやポストに助けられたシーンもあったが、浦安は「一体感を持った守備」ができているように感じた。矢部は「明神智和」に見えるくらいボール奪取を繰り返し、笠松&富塚のCBは必死に体を張った守備をしていた。特に、No.17富塚は「今年の開幕戦、サイドハーフで先発していた」ことを、ほとんどのレイソルサポは信じられないだろう。
 

 他の選手もすごい気迫だった。秋葉&田中貴大は上下に走りまくり。上松は攻撃と守備のリンク役をこなす。南部&坂谷は守備に追われつつ、ボールを保持すれば、前に運べていた。清水と俊哉様は、前線で必死にプレスをかけ、ボールがくれば必死にキープしていた。

 とはいっても、レイソルは何枚も上手。テクニックだけでなく、フィジカルや体の使い方…
 セットプレーのピンチは幾度も訪れたが、大野を中心に守り切る。

 
 浦安は、前半30分すぎにシュートチャンスがあったように思えたが、アタッキングゾーンでボールを回してしまい、応援席は少しガッカリする。それでも、子どもたちは落ち込まずに、声援を送る。

 時間の経つのが長く感じた。それでも、前半は何とかスコアレスで折り返す。

 ハーフタイムの応援席は「安堵感」があるように思えた。おれは、浦安応援席に来ていた他チームのサポと少し話をする。その方には、「選手を励ますことに集中したけど、やっぱり柏の攻撃陣の迫力は凄い」と本音を言った。

 
 勝負の後半。

 今度は、柏のGK桐畑が目の前のゴールに立ちはだかる。桐畑が来たとき、浦安ファン&子どもたちは「ほとんど無視」。浦安の選手を応援することに集中。

 後半が始まっても、展開は変わらない。浦安の運動量は落ちていないように見えた。明らかに、リーグ戦よりも走っているのだが、「柏レイソル」という素晴らしい相手がいることで、モチベーションが異様に高いのだろう。

 集中して守っているように見えたのだが、後半10分すぎ、柏のハモンロペスが先制点を挙げる。ほとんど個人技で、浦安は失点してしまった。

 それでも応援席のテンションは落ちない。むしろ「何が何でも1点取ろうとして」テンションは上がった。けれど、コアサポやおれは、スタミナ切れの兆候が…いつにない応援をして、バテ始めていた。

 そんなときでも、応援席には子どもたちがいる。コアサポに代わって、子どもたち自ら「ぶりーおべっか!」とコールを始めることが多くなる。いつものことだけど、「子どもたちがコールリーダー」という時間帯もあった。

 2枚目の交代で、丸山が投入されたころから、メインスタンドやバックスタンドにいる浦安ファンの手拍子&コールが大きくなる。それに呼応するがごとく、浦安はPAまで侵入するチャンスが増える。選手たちはバテ始めているはずなのに。ファンの声量は「めちゃくちゃ」大きくなる。それでも、決定的なシュートは打てない。

 試合は、オープンな展開になり始め、選手たちは最後の力を、振り絞り必死に走る。ピンチもあったが、大野がナイスセーブを魅せる。2点目は取らせない迫力ある守備から、柏のDFラインまでボールを運べるようになる。

 最後の交代から、その流れは顕著になる。得点の匂いも、少しある。子どもたちを始め、浦安応援席のテンションは、ぐんぐん上昇。PA内でシュートを打つチャンスもあったが、ゴールが奪えない。時間の進むのが、異様に早く感じる。

 後半ロスタイム直前、浦安のDFラインでファイトし続けていた笠松に、2枚目のイエローカードが提示される。退場…それでも、選手を信じて応援は続いた。

 ピッチ内から、何とかしようという気迫は感じた。けれど、その執念及ばす試合終了。0-1でブリオベッカ浦安は敗れた。



 おれは、悔しい気持ちだった。それでも、子どもたちを始め「形ある応援」はできたかな、とも感じた(自惚れかもしれないけど)。

 選手たちがあいさつに来てくれる。悔しそうなオーラもあったけど、やり切った表情をしていた。浦安ファンから選手たちに、励ます声が掛けられた。子どもたちは、ピッチ上で戦った「コーチたち」に声援が飛ぶ(コーチではなく、企業で働いている選手にも)。

IMG_3455.JPG


 浦安の選手は、自チームのファンにあいさつを終えた後、柏レイソルサポのところにも、あいさつを行った。レイソルサポの一部は、拍手をして出迎えてくれた。感謝!
IMG_3459.JPG


 ピッチ内から、選手がいなくなり、弾幕撤収に向かう。「柏の選手はやっぱり上手い」「浦安の選手は、本当によく闘った」「やっぱり悔しい」なんて会話をしながら。


 応援席から撤収しようと、階段を下りたとき、ビジター入場口付近では、驚きの光景が広がっていた。

IMG_3462.JPG


 ピッチで走り続けた選手たちが、お見送りをしていた。ホームゲーム開催ではないのに。

 
 おれは応援のテンションが上がり続け、ロクに声を掛けられない状況だった。なので、元浦安戦士の高井選手だけにあいさつをして、日立台を後にした。






 激闘から一夜明け、



 おれはやっぱり悔しい。

 もちろん「大きな力の差」は感じたけど、同点にできるチャンスはあった。試合終了間際、目の前のゴールネットが揺れたら、浦安応援席には、どんな歓喜が生まれただろう…

 次に、日立台で浦安を応援できるのは、いつになるだろう…

 そんなことを想いながら、この記事を書いている。(この想いは、ずっと消えないだろう)


 
 浦安の子どもたちは、どういう感情を持っているのか分からないけど、
この試合を機に、もっとサッカーを上手くなりたい。憧れの選手(コーチ)をもっと応援したい。という気持ちがあれば嬉しい。

 浦安市民の中から、そういう子どもたちを増やしていきたい。それができたとき、浦安でJFLを開催できるだろう。


 


 「浦安から世界へ!」

 その歩みは、始まったばかりだ。
posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 18:35| Comment(2) | ブリオベッカ浦安(JFL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする