2017年10月08日

「菊」の花、満開近し

今年のJFLも残り試合が少なくなってきた。

今週末から、各チームは最終節まで6週連続の試合に臨む。その流れを左右するであろう初戦。

ブリオベッカは、アウェイ奈良戦に臨んだ。




おれは、キックオフ直後に到着したが、浦安応援席には数十人が駆け付けていた。

その多くは、スポンサー関連で応援に来てくれた関西在住の方々。平均年齢は…だけど、「女子パワー」で選手を後押し。

しかし、奈良サポの応援は想像以上だった。アップ中の岡山選手が、サポを煽ったり、応援歌に合わせて頭の上で手拍子するなど、「奈良劇場支配人」を謳うだけのことはある。


それがピッチ上に伝染したか定かではないが、先制点を挙げたのは奈良。コーナーキックから。

直後、浦安の選手たちが明らかに意気消沈。選手たちの連動がバラバラになってしまう(先月と微妙にフォーメーションが違うとはいえ)。
声出しとしては、励ます内容の応援をすればよかったかも…

さらに、コーナーキックのピンチから、奈良が追加点を上げる。
(浦安は、直近3試合で、コーナーキックから5失点)


さすがに、浦安の声出しは悲壮感を漂わせる。奈良は、浦安の反撃を軽くいなして前半終了。


ハーフタイム中、浦安応援席はびっくりするくらい会話が少なかった。その間おれは、「開き直った応援」を想像していた。




勝負の後半。浦安の声出し隊リーダーは「何が起こるかわからないから、やれるだけやりましょう!」と応援席に呼びかける。


奈良はもちろん、浦安も選手交代はなし。柴田監督の采配は意外に思えた。

開始してすぐに、浦安がコーナーキックのチャンス。幡野が蹴ったボールは、浦安の選手にドンピシャ。ヘディングシュートが決まり、反撃の1点を挙げる。(後で調べたら、後藤虹介の移籍後初ゴール)


この得点(失点)で、奈良は慌てふためいているように感じた。国体で2日連続試合の影響があるとはいえ。

浦安は、中盤からFWにいいボールが出るようになる。FWが前を向いてプレーする機会も増え、富塚や後藤虹介が1列上がったときの攻撃もよかった。浦安応援席のボルテージは、ぐんぐん上がる。


そのボルテージが急上昇したのは、後半20分。幡野から右サイドに流れていた菊島にボールが渡る。菊島は、老獪なフェイントで相手を1人交わして、ゴール前にクロス。
100点満点のクロスに、頭から飛び込んだのは信じて走っていた南部。見事なゴールが決まり、浦安が同点に追いつく!


浦安応援席は、エレクトリカルパレードで盛り上がる。声出し隊リーダーの先導で、「ミラクル、ウラヤス!」コールも発生。前半の出来を考えれば、ミラクルと言っても大げさではない。

その後も、浦安が優勢に試合を進める。奈良の応援席からは「キリカエ!」コールの連呼もあった。

浦安の惜しいシュートは何本かあったが、奈良も同様。決定的なヘディングシュートを打たれたときは、おれの体が震えた(ポスト様の活躍で事なきを得たが)。


浦安は「勝ち点3」を取るべく、柴田監督が勝負に出る。菊島に代えて多木利音を投入。
それに対抗するべく、奈良も選手交代。高さのあるFW岡山を最終ラインに入れた。明らかに多木対策だ。

直後、高く上がったボールに対して、その2人が競り合う。加藤主審は、岡山のファールを取る。岡山は不満そうだったが、主審は肘を使ったジェスチャーを示す。ジャンプする前の体勢をよく見ている。


この日の多木は、今までと少し違った。ロングボールの競り合いも強い。試合終了間際には、右サイドからのクロスに合わせ、いいヘディングシュートを放つ。これはキーパーに弾かれたが、途中出場の岡山がマンマークで付いていたことを考慮すれば、「悪くないプレー」と言える。


その流れで得たコーナーキックのチャンスで得点できず、このまま試合終了。

IMG_4681.JPG

ブリオベッカ浦安は「最低限すぎる」勝ち点1を得た。



選手たちは応援席近くまであいさつに来てくれたが、前節とは比べものにならない「いい目つき」だった。試合が終わっても、闘争心があふれていた。



浦安の応援に来てくれた方にお礼を言って、スタジアムを後にしようとしたとき、


某主力選手のお母さまが、手土産を持って応援席に来てくれた。
そのお母さまは、アウェイ今治戦のとき、後半45分間ずっと応援席にいた。(もちろん、応援席に来てくれたことには感謝しているけど)この日応援席で試合を観なかった理由を尋ねると、「行きづらい感じだった」とのこと(苦笑い)

デメリットはあるかもしれないが当時よりも、声出し隊は応援に必死だった。悲壮感や使命感もにじみ出ていただろう。


今シーズンはどんな結末になるか分からない。しかし、この試合を観る限り、無抵抗のまま降格することはなさそう。

IMG_4682.JPG

残り5試合、明確な目標に向かって悪あがきが始まった。

posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 21:40| Comment(0) | ブリオベッカ浦安(JFL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

ヒーローは逆境のときにしか現れない

平成21年11月8日

 この日は、おれにとって、印象深い1日。
 
 各地でJリーグのデーゲームが行われ、その結果、ベガルタ仙台がJ1昇格を決めた日だから。


 それ以上に、全国のサッカーファンの注目を集めたのは、ジェフ千葉。

 アウェイ川崎戦で、2-3の敗北を喫して、J2降格が決まった(ちなみに、決勝点はレナチーニョ)。

 川崎vs千葉 試合結果(川崎公式HP)


 ジェフの降格が決まった直後、ナイトゲームで柏レイソルの試合が行われた。

 当時のレイソルは、前節のホームゲームで、残留争いのライバルだった山形に完封負け。
 2009Jリーグ ディビジョン1 第30節第1日 柏vs山形
 山形兼浦安サポは、この日のGK清水健太のプレーを、今でも「カミケン」と言い続けている。それくらい素晴らしかった。

 結果として柏レイソルは、残り4節で残留圏へ勝ち点差9という絶望的な状況でこの日を迎えた。結果次第では、ジェフと同日の降格決定もあり得る。

 しかも、対戦相手は来季のACL出場を狙う清水エスパルス。中盤は伊東テル・本田拓也・枝村・藤本淳吾、さらにFWは岡崎・ヨンセン。豪華な布陣だった。
 一方の柏レイソルは、山形戦から先発を大きく変更。Jリーグ公式戦初出場の選手を2人も抜擢した。


 その結果、柏が勝利を挙げた。それも5-0の大勝。おれは、予想外の結果に驚きを隠せなかった。

 2009Jリーグ ディビジョン1 第31節第1日 柏vs清水


 これで勢いに乗った柏は、次節で6位の新潟にも勝利。残り2節で残留圏へ勝ち点差4に追い上げた。

 そして、残留圏ギリギリの大宮との直接対決で、フランサが3試合連続のゴールを決める。しかし、1-1のドローに終わり、レイソルはJ2降格となった。




 この例は極端かもしれないが、弱いチームがV字回復で結果を出すには、いくつかの条件を満たす必要がある。

 まずは、出番の少ない(なかった)選手が大活躍すること。

 次に、攻撃的な選手が覚醒すること。これは、今月の青森戦以降の幡野が当てはまるかもしれない(先月のホンダロック戦とは別人に見えた)。 ただ、他にも活躍してほしい若手選手は何人か思い浮かぶ。

 最後に、連戦の前のインターバルで「できる限り」最高の準備をすること。
 (当時の柏レイソルの場合、インターバル中に行われた天皇杯vs神戸で敗北。その直後、監督のネルシーニョが「戦いに勝利するための心構え」を選手に厳しく説いた。結果、チームの意思統一ができた)




 
 現状に戻ると、ブリオベッカは、考えられないほど怪我人が多発。一時は残留圏内に浮上したものの、ここ5試合は1分け4敗。スタメンで使われる選手の底上げにも限界がある。第三者から見れば、「23歳以下のJリーガーの育成型期限付き移籍」でもしない限り、残留は極めて厳しい。(tonanみたいな補強が理想)
 しかし、昨日の練習試合(東農大vsBチーム)を見る限り、期待できそうな選手はいる。
 その選手がチャンスを生かして、チームに変化をもたらせば「残留への悪あがき」が面白くなるだろう。
posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 20:40| Comment(0) | ブリオベッカ浦安(JFL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

リーグ戦に「順当」という単語は存在する?

本日、JFL ブリオベッカ浦安vsHonda FC の試合が行われた。



場所はなぜか「千葉県総合スポーツセンター東総運動場」

千葉県の東端近くに立地している。


ホームチームの状態は悪い。しかも悪天候。

JFL昇格後の観客数ワーストを更新してしまう…と思ったら、そこはHonda様。柏の葉開催とさほど変わらない動員だった。


特に、地元出身の宮内選手を応援する子どもたちの応援は、Honda FCの応援に大きなアクセントを加えていた(Hondaの声出しが、子どもたちの応援しやすいコールに特化したのはさすが)。


試合のほうは、戦前の予想通りHonda FCが圧倒的にボールを支配する。浦安は守ることに徹する。

それでも、幡野がボールを持つと、少しワクワクした。

浦安はエンドを替えて風下に向かって攻めていたこともあり、セットプレーで「何か」が起こりそうな予感は感じた。
起こった出来事は「子どもと相撲力士のふれあい相撲」みたいなプレーだった。


得点の匂いもゼロではなかったが、前半のラストプレーで、CKのピンチからHondaに先制点を決められる。



後半になると、選手間での声掛けに「精神論」的な内容が増えた。4月の今治戦ほど「最悪の内容」ではなく、サッカーの試合として成立するレベルなのだから、細部を詰める指示・要求をしてほしいと思ったが。


そんな中でも、秋葉の「悪いクセ」は治らず、警告2枚で退場。したのに、浦安のパス回しが機能し始める。
開き直りが功を奏した時間帯もあった。1トップは「Jリーグデビューしたてのムァキ」状態だったけど。

パス回しの調子が悪くなったとき、Honda・古橋のFKが炸裂。点差を2点に広げられる。


この後は、特に覚えていない。「セットプレー失点病」を再発したことは覚えているが、


そして試合終了。結論だけ書けば、Hondaの貫禄勝ちだった。東総の近くにホームタウンがある「赤いチーム」のように(赤いチームがJリーグに加盟したころ、HondaのOBが数多くいた歴史もある)


試合後の選手たちは、少し悲壮感があった。しかし、決して下を向かなかったからこそ、浦安の声出しはずっと応援を続けた。

本当は、今後の展望も書きたかったけど、今日はここまで。
posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 23:51| Comment(0) | ブリオベッカ浦安(JFL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする