2018年03月31日

ブリオベッカ浦安観戦Q&A(平成30年ver)

(珍しくですます調で書きます)

 ただのサッカー好きが答える
 浦安市運動公園陸上競技場でのブリオベッカ浦安試合観戦Q&A

Q 試合はいつ?
A 試合日程については、
 公式ホームページを確認してください。
 交通機関がマヒしない程度の雨なら、試合は開催されます

Q 試合は何時間くらいかかるの?
A 前後半45分ずつで、ハーフタイムは15分なので2時間くらいです。
  関東サッカーリーグも、Jリーグと同じように延長戦はありません。

Q べか彦くんには会えるの?
A ブリオベッカのホームゲームには、全試合います。以下の時間帯は、べか彦くんとふれあうこともできます!
  開門時刻前後〜キックオフ1時間くらい前
  試合終了後〜選手によるお見送り
 参考:平成29年ホーム最終戦 べか彦くん(まとめ)

 キックオフ1時間くらい前〜試合終了直後は、ショーの準備やインタビュの付き添い等で活躍します。


Q  おススメの席は?
A  一概には書けないですが
  メインスタンド→長椅子があり、スタジアムグルメやトイレも近いです。ベンチや控え選手が準備している様子も見えやすいです。海と火山を見ながら試合を観戦できます。
  バックスタンド→(夏でも極端に熱くならない)コンクリート打ちっ放しの席です。ピッチとの最短距離は、こちらのほうが近いです。スタンドの目線の高さは、そんなに変わりません。

Q チケットは?
A 関係者席を除き、2種類のチケットがあります。どちらも自由席です。
 メインスタンド席→ファミリーマートで前売り券を買えば手数料込で800円。当日券は1,000円です。小学生以上の方は、チケットが必要です。
 バックスタンド席→当日券のみ。500円です。高校生以下は無料!
 なので、近くのコンビニに行く感覚で気軽に来てください!!

Q アクセスは?
A  最寄駅はディズニーリゾートで有名な、JR京葉線の舞浜駅です。
  舞浜駅からの徒歩経路は、以下のブログを参考にしてください。
  浦安市運動公園陸上競技場へのアクセス


Q 服装持ち物は?
A まず、服装は何を着ても問題ないです(他チームのグッズを持ち込んでもいいです)。
  ブリオベッカ浦安が好きになったら、グッズ購入を検討してください。
  雨天の場合は、カッパ等の雨具が必要です。(傘は、他の観客の邪魔になる可能性が高いです)。
 持ち物も、特に制限はありません。試合後に、選手からサインがほしい人は、その準備をお忘れなく。
 ビン・カン・ペットボトルも持込自由ですが、ゴミはお持ち帰りください。

Q スタジアムには、何時ころ着けばいい?
A  べか彦くんと触れ合いたい人は、開門直後の来場をおススメします。(試合後は混雑するため)
  おいしいスタジアムグルメは、開門前から営業しています。ホームゲームの数日前に、スタジアムグルメの情報が公式ホームページに掲載されるので要チェックです!

  試合前の練習から観たい場合は、キックオフ40分前に来場してください。
  試合だけ観たいという場合は、キックオフ10分前に来場すれば十分です。
  ただし、「東京23FC戦」や(実現すれば)「優勝争いの大一番」は、キックオフ間近になると満席となる可能性もあります。

Q  再入場はできるの?
A  できます。再入場の際も、チケット提示をお忘れなく!

Q 一押しの選手は?
A いっぱいいるので、1名に絞るのは難しいです。
  Jリーグでプレーした選手、名門大学でレギュラーだった選手が多数在籍しているので、選手1人1人のレベルはかなり高いです。試合にあまり出られない選手でも、笑顔がいい選手やファンサービスに定評のある選手は人気が高いです。
 気に入った選手がいれば、試合後に直接ねぎらいの言葉を掛けるなり、サインしてもらうなりしてください。引き分けや敗戦の場合でも、選手がお見送りします。(体調等の問題で、試合後にファンサービスできない選手もいます)


Q 声を出して応援するには?
A まず、ブリオベッカ浦安を応援するのに、条件は無いです。(しいて言えば、選手スタッフ及び他の観客に迷惑な行動をしないこと)
 基本的に、「バックスタンド」もしくは「芝生」の得点掲示板に近いところで応援しています。
 既に応援しているチームがある人は、声を出して応援してはいけない!!
なんて誰も思っていないし、そんなルールはないです。声出しして応援しているファンは、他にも応援しているサッカーチームがあります。スネアを叩いているファンですら、1番好きなチームはモンテディオ山形だったりします。
 
 女性や子どもが、応援の中心部に来ることは大歓迎です。
 90分間全力で応援しろ!!なんて誰も言わないし、誰も90分間ずっと応援しません。体力的な問題で応援を休みたいときは、休んでください。(当たり前のことですが)スタジアム内での行動は制限しません


 声を出して応援しているファンも、1人が応援を始めたのをキッカケに、1人増え、また1人増え… といった感じなので、無理せず来れるときに来てください。

参考:声出ししているファンが、試合に来ないときの理由(カップ戦を含む)
   サッカーを観に八戸へ行った(←おれ)
   他のチームの試合のシート貼りをするため
   大相撲のチケットを取るため

Q 声出し応援しているファンの特徴は?
A 楽しく応援することを第一に心がけています。
 対岸には東京23FCがあり、Jリーグのような応援をしています。同じ県内には、「AFCチャンピオンズリーグに4回出場のチーム」・「J1昇格プレーオフに4回出場のチーム」があり、リーグ屈指の熱い応援をしています。
 いずれのチームも、ブリオベッカ浦安よりも多くのファンがいますが、それらのチームと同じような応援をしてもファンは増えない!!と考えています。
 なので、それらのチームとは一味違う応援をしています。
 そんな光景を見て、牧歌的すぎると思うこともあるかもしれませんが、応援することの敷居を極力さげた結果です。


 声を出して応援したい!!という人は、声出しファンがいるエリアの近くで応援しましょう!!
 (一緒に応援していただければ、もっと嬉しいです)
posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 14:24| Comment(0) | ブリオベッカ浦安の説明書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

平成29年の応援を振り返る(1/2)

注・ この文章は、「ブリオベッカ浦安が好きな」1人のファンが書いている。
   決してファン・サポーターの総意ではないので、あしからず。




今年最初のブログで、おれは以下のコメントを書いた。


贔屓チームに限っていうと、今年は間違いなく試練の年になるでしょう。(ブリオベッカもベガルタも)

人様に迷惑を掛けないことは当たり前として、自分でチケット代を払ってサッカーを観に来る観客を減らさないことを念頭において応援するように心がけます。

それでも、昨年以上に仕事以外のこと(サッカー観戦)は楽しんでいきます。

スタジアムにどれだけ行けるか分かりませんが、今年もよろしくお願いします。





しかし、その想いはシーズン序盤で大きく変化してしまう。

そのキッカケは、開幕戦の試合終盤「ミス多ーサイトー」球団史に残る采配ミスだ(このブログでは再三触れている)。
イタリアの4部リーグで同様の采配を行った場合、捜査機関の事情聴取を受けるだろう。

一体感を感じた。けど…


開幕戦以降、サッカー観戦を楽しむ気持ちよりも、「この現状認識で、チームは勝てるのか?」という疑念が強くなっていった。

「現状認識」ができなかったことに尽きる(シーズン終了直後のブログ)



しかし、次に観戦したゲーム(アウェイのホンダロック戦)は、嬉しい誤算があった。

スポンサー・マナビス様の支社から、20名ほどが応援に駆け付けたことだ。

株式会社マナビスホームページ
上部リンクの4月10日トピックス<サッカー観戦ありがとうございました。>を参照のこと。

しかも、「本当の意味で選手をサポートする」だった。

いいプレーには、拍手や歓声が沸く。
悪いプレーをしてしまったときは、選手を励ます。
ため息は出ない。
審判批判はしない。
選手に無茶な要求をしない。


もちろん、おれは一切強制なんてしていない。それなのに、なんでこんな素晴らしい応援をしてくれたのか…

そんな応援が選手を後押しして、浦安は劇的な逆転勝利を収める。おれ自身も雑念を振り払って応援できたし、初めてのラインダンスもやった。



しかし、この試合を現地で応援したことで、「理想と現実」の差を実感してしまうことに…
(この詳細は、先のブログで)



天皇杯千葉県予選は連勝して(応援はいつも通り。雑談多し。)、次のリーグ戦はホーム今治戦。

この試合内容は「救いようがない」の一言。

子どもたちに夢を与えるサッカーではなく、子どもたちに失望を与えるサッカーだった。


開幕戦の「球団史に残る采配ミス」と今治戦の「救いようがない試合内容」を現地で見せつけられ、「球団首脳は、カテゴリーを問わず浦安市陸でリーグ戦が開催したいのか?」という疑問を持つようになる。


そうなると、リーグ戦での応援を楽しめる訳がない。

観客から見て楽しい応援というよりも、雑談が多い応援(現実逃避の応援)と思われても仕方なかっただろう。


チームも応援も、変化がないまま時間が経っていった。しかし、夏に差し掛かるころ、チームにとって汚名返上となるビックマッチを迎えた。


6月21日(水)天皇杯2回戦vs柏レイソルの一戦である。

posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 00:06| Comment(0) | ブリオベッカ浦安の説明書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

ブリオベッカ浦安観戦Q&A

(珍しくですます調で書きます)

 ただのサッカー好きが答える
 ブリオベッカ観戦Q&A

Q チケットは?
A 全席自由席!ファミリーマートで前売り券を買えば手数料込で800円。
 当日券でも1,000円!
 中高生は500円!
 小学生以下はタダ!!
 なので、気軽に来てください!!

Q アクセス
A 公式ホームページに詳しく載っています。
 柏の葉開催の場合は、「柏の葉キャンパス駅」もしくは「柏駅」からバスがオススメです。

Q そもそも、なんで浦安市で試合をしない?
A JFLにも、Jリーグ同様に「スタジアム規定」があります。
 その1つに「天然芝」という項目があり、浦安市には「有料試合を開催できる天然芝のスタジアム」がありません。
 なので、浦安市外のスタジアムで試合を開催しています。
 浦安市で公式戦を行うには、「(資金力・政治力etcを駆使して)スタジアム規定を変更」
 もしくは「天然芝のスタジアムを建設する」必要があります。

Q 試合はいつ?
A 試合日程については、
 公式ホームページを確認してください。
 交通機関がマヒしない程度の雨なら、試合は開催されます

Q スタジアムには、何時ころ着けばいい?
A  試合前の練習から観たい場合は、キックオフ40〜50分前に来場してください。
  試合だけ観たいという場合は、キックオフ10分前に来場すれば十分です。
  ただし、秋津サッカー場での試合は、キックオフ間近になると満席となる可能性もあります。

Q 服装持ち物は?
A まず、服装は何を着ても問題ないです(他チームのグッズを持ち込んでもいいです)。
 柏の葉は全席屋根付き!なので、雨具は必要ありません。
 でも、柏の葉以外での試合では、カッパ等の雨具が必要です。(傘は、他の観客の邪魔になる可能性が高いです)。
 持ち物も、特に制限はありません。ピクニック感覚で来てもいいですよ。
ブリオベッカ浦安が好きになったら、グッズ購入を検討してください。

Q 一押しの選手は?
A いっぱいいるので、1名に絞るのは難しいです。
 Jリーグでプレーした選手、名門大学でレギュラーだった選手が多数在籍しているので、選手1人1人のレベルはかなり高いです。
 実際のプレーを観て気に入った選手がいれば、試合後に直接ねぎらいの言葉を掛けるなり、サインしてもらうなりしてください。引き分けや敗戦の場合でも、選手がお見送りします。(体調等の問題で、試合後にファンサービスできない選手もいますが)


Q 浦安のいいところは?
A ・本当の意味で攻撃的なサッカー
  リーグ戦5試合連続完封中だったベストメンバーの浦和レッズ相手に、天皇杯で2点取る攻撃力は凄い。でも、観客席は牧歌的だったりします。

  ・選手1人1人のレベルはかなり高いのに、選手スタッフとの距離が近いこと!!
   おれが練習を見に行ったときに、選手やスタッフのほうから挨拶してくれたことには驚きました。
 

Q 声を出して応援するには?
A まず、ブリオベッカ浦安を応援するのに、条件は無いです。(しいて言えば、選手スタッフ及び他の観客に迷惑な行動をしないこと)
 既に応援しているチームがある人は、声を出して応援してはいけない!!
なんて誰も思っていないし、そんなルールはないです。声出しして応援しているファンは、他にも応援しているサッカーチームがあります。スネアを叩いているファンですら、1番好きなチームはモンテディオ山形だったりします。
 
 女性や子どもが、応援の中心部に来ることは大歓迎です。
 90分間全力で応援しろ!!なんて誰も言わないし、誰も90分間ずっと応援しません。体力的な問題で応援を休みたいときは、休んでください。(当たり前のことですが)スタジアム内での行動は制限しません


 声を出して応援しているファンも、1人が応援を始めたのをキッカケに、1人増え、また1人増え… といった感じなので、無理せず来れるときに来てください。

参考:声出ししているファンが、試合に来ないときの理由(カップ戦を含む)
   サッカーを観に八戸へ行った(←おれ)
   他のチームの試合のシート貼りをするため
   大相撲のチケットを取るため

Q 声出し応援しているファンの特徴は?
A 楽しく応援することを第一に心がけています。
 対岸には東京23FCがあり、Jリーグのような応援をしています。同じ県内には、「ACLでもいい成績を残すチーム」・「J1昇格プレーオフ3年連続出場の強豪」があり、リーグ屈指の熱い応援をしています。
 いずれのチームも、ブリオベッカ浦安よりも多くのファンがいますが、それらのチームと同じような応援をしてもファンは増えない!!と考えています。
 なので、それらのチームとは一味違う応援をしています。
 そんな光景を見て、牧歌的すぎると思うこともあるかもしれませんが、応援することのの敷居を極力さげた結果です。


 声を出して応援したい!!という人は、客席の左端で応援しましょう!!


posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 22:00| Comment(0) | ブリオベッカ浦安の説明書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする