2019年03月24日

レイトンオリエント(5部リーグ)試合観戦記

「レイトン・オリエントFC」というクラブを知っている日本人は、年中コスプレする中年のことを知っているサッカーファンくらいしかいないだろう。


年中コスプレする中年を取り上げたNumberの記事:勝ち負けや昇格だけが全てじゃない!JFLの“総統”が語るサッカー観戦術。(Number web)



この中年は、ときどきこのクラブの話をする。

彼がチームの説明をするとき、3部や4部に所属していながら、「昇格を目指すことを目標としない」方針である、としている。


ところが、近年は成績低迷が続き5部リーグに所属している(4部まではプロリーグ。5部リーグは全国リーグだが、プロアマ混合)。


5部リーグから4部リーグに自動昇格するには、リーグ優勝するしかない。2位〜5位が、昇格プレーオフに回る厳しいレギュレーションだ。







おれが観戦した試合は、レイトン・オリエントFC vs Wrexham というカードだった。1試合消化の早いWrexhamが首位だ。しかし、レイトンが勝てば、首位に躍り出る大一番。



どういう雰囲気なのかワクワク想像しながら、チケット売り場に並ぶ。


DSC00705.JPG

(日本のJFLのように、関係者にチケットを渡すブースもある)



チケットの値段は、5部リーグなのに強気と思える値段設定だ。(現在のレートで1ポンドは、約145円)


DSC00731.JPG

但し、親子連れにとっては、良心的といえる。




地元周辺に住んでいると思われるファンに混じって、売り場の列に並んでいると、1人のファンから声を掛けられる。


「シーズンチケットが1枚余っているから、チケットをあげるよ」と言われ、遠慮なく譲ってもらう(注、今シーズンのシーズンチケットは3,700枚以上売れている。おれが譲り受けたチケットは年間で289ポンド)。



今にして思えば、おれみたいなアジア人が、レイトンの試合に来たことが嬉しかったのだろう。心遣いに感謝。



嬉々として入場口でチケットをもぎってもらい、スタジアムの中へ(手荷物検査は少しあった)


DSC00707.JPG




スタジアムの中に入って、とても驚いた。


DSC00714.JPG

DSC00715.JPG




距離感、雰囲気がとても素晴らしいスタジアムだ。



日本に例えると、日立台と都田のいいとこどりをした上で、


全席個別のシート&全席屋根付き




5部リーグで、こんな専用スタジアムがあるとは…


(自前のクラブハウスと練習場もあり)




さらに、スタジアムの四隅には、マンションが入り組んでいる。

DSC00717.JPG



距離感でいうと、ユアテックスタジアム仙台の四隅のスタンドより近いところに、マンションがドンと建っている感覚だ。
(おれがマンションの住民なら、「○○(新加入のレンタル選手の名前)に、この一室をあげる!」というゲートフラッグを作成している)




感動している間に、選手入場を迎える。おれが座っているメインスタンドはもちろん、他のスタンドも総立ちで選手を迎える。たくさんの親子連れも、老夫婦も。



そして、7,800人収容のスタジアムに、6,643人が駆け付けた大一番が、キックオフ。


DSC00715.JPG


ピッチ上の話をすると、「…やはり5部リーグだな」と思わせるプレーが多かった。運動量やプレスの掛け方、特にトラップ技術etc.がプロアマ混合らしいレベルだった。ソニー仙台なら互角になりそうな内容だ。



しかし、スタンドの雰囲気はとても5部とは思えなかった。



自然発生の応援でほとんど声は途切れていた。しかし、ワンプレーに対する反応が、日本よりもはるかに大きい。



積極的に攻撃した結果、わずかに連携が合わなかったプレーは、拍手や声援を送るファンもいた。
個人的には、スペリオ城北の試合が行われる赤スポを思い出す。



いいプレー(高い位置でボールを奪うetc.)には大きな拍手。相手のラフプレーやミスジャッジには立ち上がって起こる人が多数。それ以外のシーンで、ブーイングは皆無。


決定機のシュートを外したときの「ウー!!」という重低音は、とても迫力があった。



ただ、選手がトラップミスしたときのリアクションが、「アイツなら仕方ないよ。ハハハ」という観客が多かったのは予想外だった。

日本のアマチュアリーグでもよく見る光景だったからである。




前半45分で、1番印象に残ったのは、レイトン・オリエントのマスコットキャラクターだ。


DSC00712.JPG



マスコットキャラクターは、ゴールラインの近くにいたのだが、選手がラフプレーで倒されたとき、



選手を同じように転がって、スネのあたりを手で抑えていた。


相手を批判しているのか、選手と一緒に戦っている意思表示なのかは定かではない。




このまま、前半はスコアレスで終了する。


DSC00721.JPG



勝負の後半、レイトンのサポーターが自然応援したときの声量が大きくなる。



「カーモン!オリエント!」(「カーモン!ウラーワレッズ!」と同じテンポ)の応援は、なかなかの迫力だ。



その流れに乗せられ、歓喜の瞬間は後半27分に訪れた。



WrexhamがPA内でボールをクリアしきれず、レイトンの選手にボールが渡る。すかさずシュートを打つと、Wrexhamの選手に当たり角度が変わった。ボールはGKの手をかすめて、ネットに吸い込まれた。先制点が生まれた。



レイトンのファンは、観戦している場所に関係なく立ち上がり、「イエー!!!!」という野太い大歓声がスタジアムにこだまする。



日本では、なかなか体感できない一体感だ。



このまま試合が進み、試合終了5分前になったところで、500人以上詰めかけたアウェイサポーターエリア周辺に30人以上の警備員が配備された。


結局、レイトンが虎の子の1点を守り抜き、試合終了。

レイトンが首位に躍り出た。



両チームの選手とも、それぞれのファン・サポーターの近くに向かい、あいさつをする。



首位から陥落したWrexhamのファン・サポーターは、どういう反応をするのかと思ったら、


DSC00730.JPG


拍手で出迎えるファンが多数だった。






この試合を観たおれは、レイトンのグッズを購入した。
ショップの中は、子供向けのグッズがとても充実していた。
(ショップ内のため、写真は撮影できず)




この試合を観ただけで、とても満足したが、この日はもう1試合観戦した。

その観戦記は、また後ほど。





追記:
レイトン・オリエント vs Wrexham の試合ダイジェスト動画







posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 22:14| Comment(0) | 海外サッカー観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月22日

欧州サッカー観戦 プロローグ

このブログをよく見ている読者には分かってもらえると思うが、おれは、自然発生的な応援をしたい。


現在応援しているブリオベッカでは、将来的には自然発生応援が理想と考えている。


しかし、理想と現実には乖離があり、そこまで至っていない。



おれ自身は応援をがんばっているつもりだが、成績が低迷していることもあり、もどかしさは大いにある。



だからこそ、「理想的な自然発生応援」を実際に観てみたいという想いは、日増しに強くなっていた。



幸い、今年度の仕事に目途が立ったら、2週間近い代休消化を得られることになった。勤務している会社に感謝。


南米へも行きたかったが、費用面etc.での障害が大きく断念。







なので、ヨーロッパに絞り、「サッカー観戦&旅行」へ行くことにした。






航空券を予約したのは、出発の1週間前。


出発前日までは、ほぼ毎日仕事で、準備もあまりできなかった。


ドタバタだったが、3月8日(金)の夕方に、成田発アブダビ行のエディハド航空に搭乗。



アブダビ乗り継ぎで、最初の目的地まで23時間近く。






おれは、ロンドンのヒースロー空港に降り立った。



早速、中心部近くを観光。



↓中学校の英語の教科書にも出てきたピカデリーサーカスの銅像

DSC00691.JPG




↓三越の玄関にある銅像のモデルになったトラファルガー広場

DSC00693.JPG






これらを観光し、中心部のユースホステルに移動。


そこに荷物を預けた後、地下鉄に乗ること20分。



ロンドン近郊の小さい町に到着。

DSC00703.JPG




駅から10分くらい歩いたところで、時々野太い男たちの歓声が聞こえてくる。



テレビ局の中継車が駐車している。

DSC00704.JPG





おれがこの旅で最初に観戦したのは、イングランド5部リーグ

DSC00706.JPG


レイトン・オリエントFCのホームゲームだ。


(次回更新は、来週の予定)
posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 22:53| Comment(0) | 海外サッカー観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

AFCcup観戦記@ジャカルタ

アジアではACLに続く、2番目の大会として認知されているAFCカップ。(欧州でいう ヨーロッパリーグのような位置づけ)


DSC00344.JPG


英語版wikipediaのリンク:https://en.wikipedia.org/wiki/2018_AFC_Cup_knockout_stage#ASEAN_SF1.2






AFCカップ開幕(小島聖矢のBLOG)

AFCカップ(内田昂輔オフィシャルブログ)
















AFCカップに出場するチームによっては、「半端じゃない気合いの入れよう」を持っている。

そのチームが、ペルシジャ・ジャカルタ
熱狂的なサポーターが多いチームだ。


ヴィッセル神戸のフォロワー数は、6万ちょい
浦和レッズのフォロワー数は、40万ちょい

ペルシジャ・ジャカルタのフォロワー数は、274万以上

公式Twitter:https://twitter.com/Persija_Jkt

あいうえお.jpg


そんなチームの「ラウンド16 第2戦」を観戦するために、5月13日からジャカルタへ1泊4日の旅に出た。


(道中は省略)


現地時間15日の夕方6時過ぎ、ゲロラ・ブン・カルノ・スタジアムに到着。キックオフは1時間半後の時点で、若い男ばかりが、続々と入場している。


チケット売り場を尋ねると、まさかの「ネット注文のみ受付」。


仕方なく、カタコトの英語でサポーターにチケットを所望する。


結果、定価(ゴール裏600円相当)より倍近い価格で、なんとかゲット(記事上段の写真)。


直後に記念撮影(赤いユニの中で、インドネシアに誇れるものを着用)
(タオマフは買った)
DSC00302-1.jpg


入場口(警備が厳重)
DSC00303.JPG


チケットを係員が確認した後、ボディチェックまで
DSC00305.JPG


スタンドに入場して、スタジアム全景
DSC00312.JPG


バックスタンドのサポ―ター
DSC00311.JPG


スタンドを見渡すと、若い男ばかり。平均年齢は20代。女性は、1%程度。


インドネシア特有の気候も加わり、異様に蒸し暑い。


あらゆるエリアの最前列に、太鼓がある。
スタジアムの左側(メイン、バック、ゴール裏)で、30個以上持ち込んでいる。


選手入場の直前から、応援が各所で始まる。その声は、バラバラになることが多い。


ただし、スタンド全体で噛み合ったときは、日本で味わうことのできないような「声の圧」が発生する。
埼玉スタジアムの「We are reds!!」の大歓声でも、この圧は感じない。


大声を出しているはずなのに、自分の声が聞こえないレベルだ(普段聞いている自分の声は、頭蓋骨を伝わってきた声にも関わらず)。

スタンド全体で、立ち上がって声出し応援をしている状況。



この試合の観客数は、


62,198人


コレオグラフィーも行われ、サッカーとは思えないほど熱狂的な雰囲気の中で、選手入場。


シンガポールで行われたアウェイの第1戦は、2−3で負けたペルシジャ・ジャカルタだが、ホームの圧倒的な利を得て優位に試合を進める


はずだった。



前半6分に、藤ヶ谷でもありえないミスから失点


その直後に、PKを決めてトータルスコア1点差に戻す。とてつもない声援が、スタジアムを覆う。


その直後に、また失点



はっきり書くと、ペルシジャ・ジャカルタの競技レベルは、低い。


ブリオベッカ浦安でも、本気を出せば勝てそうな試合内容だ。


異様なほどの大歓声を送るサポーターも、失点したときは、みんなガックリする光景が印象に残った(日本のサポーターは、失点しても選手を励ますことが多い。この点は、誇れるところだろう)。


とはいえ、ビハインドでも、応援のテンションが落ちることはない。この時間帯に限って、審判を罵倒するコールが、1番大きかったことには笑った。



なのに、前半終了間際には、選手が1人退場し、致命的な3失点目を喫する。



応援の熱量が、試合内容に影響することは、まずない。
身をもって感じた。



キックオフ時の動画





メインスタンド(応援が1番おとなしい席)から撮影したダイジェスト動画




結局、このまま試合終了。ペルシジャ・ジャカルタは、ラウンド16で敗退となった。



個人的には残念な結果になったが、サッカー人気の高い国で、国際試合を観戦できたことは有意義だった。





インドネシアのサッカーは、協会の分裂騒動がキッカケとなり、トップリーグが並立する(Bリーグ発足以前の日本バスケのような)状況だった。政府の介入を許すほどの異常事態。
そのあおりで、ロシアW杯の予選に出場できなかった。

(協会がマトモで、クラブの資金が正しく運用できれば… つくづく惜しい)


当然だが、インドネシアのクラブは、AFCチャンピオンズリーグ本戦に出場していない。

にも関わらず、地上波テレビで生中継やハイライトを中継をする。




このサッカー文化を贔屓チームのまわりに持ち込むのは、到底無理。それでも、いい勉強になった。




追記:空港まで送ってもらったタクシーは、Hondaの車だった
DSC00334.JPG
posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 23:06| Comment(0) | 海外サッカー観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。