2017年09月11日

(1年ぶり)あと「一歩」されど「一歩」

今年は「強豪」に成り上がったラインメール青森とのアウェイゲーム。

そのラインメールが、リーグ戦で最後に負けたのは、シーズン開幕戦のHonda FC戦(都田)



苦戦が予想された。それでも、浦安の声出しは、数名現地に乗り込んだ。


試合会場は、新青森県総合運動公園球技場。昨年と違い、郊外の広大な公園の中にあるスタジアムだ。

IMG_4641.JPG

IMG_4640.JPG


浦安の応援席は、いつもの声出しだけではなく、八戸ファンも数名駆け付けていた。
(八戸のアウェイゲームでは、青森ファンが数名駆け付けたらしいけど)


とにかく、その試合で純粋に「浦安を応援したい気持ち」があれば歓迎するのみ。



浦安ファンの気勢は上がったが、ピッチ上まで波及することはなかった。

前半立ち上がりの早い時間に失点してしまう。

その後も、取り返せる雰囲気はあまり感じなかったが、応援は続く。

先のブログでも書いたが、天皇杯vs柏レイソル 以降は、試合中の応援で「本気モード」になるケースも増えた。


結局、前半は0-1でラインメールがリードしたままで終える。


後半になっても、雰囲気が大きく変わることはなかった。浦安が2枚替えをするまでは。

俊哉様が入って、ラインメールDFラインの裏を突破できるようになった。それ以上に幡野が良かった。セカンドボールを取る動き、相手のバイタルラインでのボール捌き…
つられるように、矢部まさ・上松の両ボランチが攻勢を強める。


それを受けて、ラインメールも交代枠を使う。カウンター要員でスピードのある高瀬を投入。

高瀬は交代早々、浦安DFラインでのパス回しをカットする狙いで、スライディングする。

スライディングして、ボールは奪えず、浦安の選手と接触もせず、荒れた芝に足を取られて負傷した。


浦安は、プレーオンで攻めても構わない状況だったが、一旦後方にボールを戻す。

おれは、「こういうときなら」割り切って、ゴールを狙って攻撃してもよかったのに…とため息をつく。

浦安の選手たちは「勝負師としては」いい人すぎる。



しかし、浦安の攻勢は変わらず。待望の同点弾が生まれたのは、後半25分過ぎ。
いい位置でFKを得ると、幡野→南部ヘッドで浦安が同点に追いつく。

(vsラインメール戦の5試合目にして初ゴール!)
そのとき、すぐさまボールを拾い上げた富塚が、センターサークルにボールを戻す動きを見せる。

選手が勝ちに行く姿勢は、十分に伝わってくる。

同点ゴール以降、浦安がさらに攻勢を強める。

柴田監督就任以降、ここまで「攻めダルマ」になったことはない!というくらいの攻勢だった。
シュートを打てるポジションまで、選手はよく走っていた。
勇気をもって、シュートを打っていた。

しかし、得点だけを決めることができない。


両チームとも「勝ち点3」を取るべく、攻撃的な選手交代をするが、スコアを動かしたのはラインメール。
カウンターからゴールを奪った。
浦安からすれば、失点しても、仰向けになったり、大ショックを受けている選手がいなかったのは収穫。

浦安も「何とかしようとする気持ち」は見えたが、このまま試合終了。
スコアだけみれば、痛い敗戦となった。

試合後の選手たちは、あいさつに来てくれたが、悔しい表情がありありと見て取れた。ショックを受けた様子ではなかったので、おれは特に言葉を掛けなかった。




「内容はよかった」

浦安を応援する者なら、試合後のレポートで何回も聞かされたであろう言葉。
個人的には、「敗戦の言い訳」「守備ができない現実逃避」と思わせる試合もいくつかあった。

しかし、この日だけは違った。

ラインメールのゴールに襲い掛かる姿は、素晴らしかった。


おれは、選手たちを信じ、今週末も遠征に行く。
posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 22:18| Comment(0) | ブリオベッカ浦安(JFL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

素晴らしい選手がいるチーム、いないチーム

ブリオベッカ浦安が、今季リーグ戦初勝利を挙げたのは、宮崎串間での試合。

そのときは、対戦相手のホンダロックに対して、そこまで嫌なイメージを持たなかった。


あれから半年。

「柏の葉」で、再戦が行われた。


試合前は、両チームのファン・サポーター間で、派手な水鉄砲合戦がスタンド内で行われた模様。



(しかも、最後はバケツによる水に掛け合い)


残留争いという状況になってしまったが、両チームともメンバーが代わっている。特に、浦安は夏の移籍期間で選手が何人か加入している。そのうち3人がスタメンに名を連ねた。



手堅い試合運びを予想していたが、全く違う展開となった。



ピッチ内の選手たちは、下位チーム特有の「先制点が欲しくて焦る病」を発症し、セットプレーのチャンスを逃した後、「攻守の切り替え」の判断が遅れる。

ロックは、「守攻の切り替え」の判断が早く、カウンターを発動。3人が素早く前線へ駆け上がり、数的優位な状況を作って、先制点がロックに入る。



その後も、ロック優位の流れは変わらない。串間での試合で、後半ロスタイムしか出ていなかった選手が効いている。

昨年まで悦田選手が付けていた背番号9。関西大卒のルーキー。FW長谷川将選手だ。


プレスの掛け方も、やみくもに走るのではなく、パスコースを切るのが上手い。ボールを受けるときの動きも、ダイアゴナルで、ロックのパス回しはよくつながった。


素晴らしい選手が1人入るだけで、前回対戦時とは比べものにならないほど、ロックの前線は躍動した…


浦安も、ロックのDFラインの裏を突く攻撃もあり、後藤虹介のオーバーラップからチャンスもあったが、得点ならず。

それでも、声出しは必死に応援を続ける。楽しい雰囲気は薄くなったかもしれない。個人的に、「ネガティブな感情」「残念な気持ち」「虚しい気持ち」は極力無くすようにした。

しかし前半終了間際、ロックは直接FKから2点目を決める。



後半は、スコアが動かず試合終了。2−0でロックが勝利。

浦安は、新加入選手も見せ場をつくった。その新加入選手は全員、素晴らしい長所がある。しかし、目につきやすい短所も全員持っている。



前にも同じことを書いたが、「ブリオベッカ浦安は弱い」

昨年と違い、個人技ではどうにもできない。だからこそ、仲間を信じ、パスを受ける前から、動き出しをもっと早くしてほしい。

posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 19:07| Comment(0) | ブリオベッカ浦安(JFL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

執念の守り勝ち??

ブリオベッカが、FC今治と初めて対戦したのは今年4月のこと。

きょうはまいだべかひこくんにあえました

相手がHonda FCやソニー仙台ではないのに、めちゃくちゃ酷い内容だったため、怒りながら観戦記を書いた。

だからこそ、「岡田武史」という単語や選手の名前はおろか、「相手チームの名前」すら書かなかった。もちろん、他の観戦記においては、相手チームの名前を明記している。



その忌まわしい記憶が残る中で迎えた尾道での一戦。しかも、昨年開幕から連続フル出場だった秋葉勇志は欠場確定。ただし、監督が交代したので絶望感はなかった。

IMG_4515.JPG

IMG_4517.JPG

試合前のスタメン&ベンチ入りを確認すると、(2種登録除き)夏の補強で入団した選手が全員登録されていた。片や今治は、ヴェルディから移籍してきた若手FWや外国籍FW、名古屋入団時にJクラブ間で争奪戦があった超実力派CBの牟田雄祐はベンチ外。

IMG_4529.JPG


浦安は、どんな布陣なのか見当がつかなかった。キックオフ直後に、先月と変わらないフォーメーションであることが分かった。新加入の選手も2人いたが、浮ついた様子はない。

戦前の予想通り、今治のボール保持率が高い。それでも、得点機はないため浦安応援席に悲壮感はない。浦安の応援席まで遊びにきてくれた方も、試合内容にある程度満足しているようだ。

前半25分に1分間の給水タイムとなり、応援席も一旦クールダウン。その直後、劣悪なピッチをものともせず、上松が左足でミドルシュートを打つ。無情にもバーに叩かれたが、少なからず得点の予感がした。
上松は、柴田監督就任以降、思い切りのよさが目立つ。(武蔵野戦のように、一発レッドでもおかしくないプレーだけは勘弁)

と思ったら、低い位置で浦安のパスがカットされて、その流れから失点してしまう。


浦安応援席は、少し嫌な雰囲気になったが、当然応援は続く。田中貴大の素晴らしいクロスから、フリーで俊哉様がヘディングシュートを打つも得点ならず。

チャンスは潰えたと思ったが、前半40分過ぎに、石坂元気のゴールが生まれる。

おれ個人は、狂喜乱舞。前半のうちに追いつきたい気持ちが強かったからだ。

このまま前半終了。ミスはあったが、悪くない雰囲気だ。




後半になっても、今治のボール保持率が高いペースは変わらず。今治は、PA外からのシュートを増やすも、枠をとらえられない。浦安は集中して守れている。
時間が経つにつれ、PA内でシュートを打たれるが、これも守り切る。今治に、川西誠や大町将梧がいたら失点していただろう。


この流れは給水タイム以降も変わらず、浦安は防戦一方となる。

しかし、浦安最後の交代で幡野が投入されてから若干ピッチの空気が変わる。


浦安がイエローカード2枚で選手が1人退場になった直後、畳みかけるように攻勢をさらに強めた今治に対して、カウンターを仕掛ける。多木がPA中央からいい形でシュートを放つも枠を捉えられない。

おれ個人は1人退場になった直後から「とにかく守れ」と連呼していたが、例外は最前線のFW1人、それとロスタイムが残り1分を切ったとき。


今治ホームの試合は、Honda FCだって無得点で終わっている。そんな簡単に行かないはず。おれは、かなり慎重になっていた。

浦安はチャンスを逸したはずだったが、同じような形でPA中央にいた多木にボールが渡った。浦安応援席にいた誰もが「シュート!」と思ったが、今度は慎重になりすぎて、シュートまで持っていけず…

思わず、「勝負を掛けろ!うらやす!」コールをしたが、同点のまま試合終了。


浦安から見れば、守備陣の奮闘と全員のハードワークで勝ち点1を得ることに成功した。
(おれは、試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、拳を握って喜んでしまった)


IMG_4531.JPG


試合後の選手たちは、応援席のすぐ近くまで来て、あいさつしてくれた。ほとんどの選手が「やり切った」いい表情をしていた。




最後に、新戦力の選手に対する雑感を。

後藤虹介→この試合のキーマン。相手司令塔をマークする役割だった。攻撃できる状況ではなかったが、柴田監督の戦術理解度は高そう。

石坂元気→ゴールよりも、ハードワークできる運動量を褒めたい。山雅にいそうなタイプ。

幡野貴紀→(現地&岡山の清心温泉で得た情報)
ルーキー時代、ファジのトップチームでいきなりベンチ入り。しかし、トップチームでは活躍できず。適正ポジションは、攻撃的ボランチかサイドハーフ。
ボールを持たないときのランニング&ドリブルでの動きはなかなかよかった。同点で試合終盤を迎えたとき、ジョーカーになりえる。

多木理音→
潜在能力はかなり高い。低いボールのポストプレーはまずまず。
しかし、「ストライカー」としてはまだまだ。
浦安の声出し隊は、選手に罵声を浴びせることはない。しかし、「決定的な場面でシュートを打たない選手」は批判する。
(参考までに、他に批判対象となるのは、試合中に仰向けでがっくりする姿勢etc)

posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 22:00| Comment(0) | ブリオベッカ浦安(JFL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

「我慢比べ」の90分

高校野球やJ1リーグのスターが、スポーツマスコミを賑わせている中、JFLでは残留争いを占う上で大事な一戦が行われた。

おれは大阪から当日移動し、栃木市総合運動公園陸上競技場に到着したのがキックオフ10分前。


既に、浦安の声出しファンは集まっていた。いつもの雰囲気と比べると、若干ではあるけど緊張感が漂う。

間もなく選手入場となり、いつもの歌で出迎える。


先日の大阪と比べると涼しく感じるが、今にも雨が振り出しそうな曇り空。7月の過去3戦と比べると、走りやすい環境だ。

と思ったが、両チームともかなり慎重な立ち上がりだった。

栃木ウーヴァは、攻撃に転じるとき、ほとんどの確率でFW若林をターゲットにロングボールを蹴ってきた。
そのセカンドボール奪取率は五分五分といったところ。傍から見れば、単調なペースで時計の針が進む。
声出しファンは、低調にならずに応援を繰り返す。天皇杯vs柏レイソル 以降は、楽しく応援する空気が「少しだけ」無くなっている。選手を励ますことに集中。

一方の攻撃は上松や田中貴大が、視野が広いプレーを展開するも、大きなチャンスは作れず。
前半はスコアレスで折り返す。


後半は、「浦安よりも勝ち点3を欲しいであろう」栃木ウーヴァの攻勢が強まる。カウンターのキレが増しているように感じた。
浦安がボールを奪っても、いい形で攻撃できない。

ロングボールの対応ミスから、「やられた!」と思う場面もあったが、本吉のスーパーセーブで事なきを得る(劇場型キーパーと思っていたが、今年は安定感も出てきた)。


浦安も攻撃的ポジションの選手を替えて、チャンスを作るも得点はできず。

このまま時間は経っていくが、両軍とも「リスクを大きく冒して攻撃」することはなかった。少ない手数でチャンスを作る場面があった以上は、守備陣形を崩してまで…という思惑が働いたのだろう。



両チームの選手は、できることを全うしたように思えたが、このまま試合終了。個人的に「満足はしていないけど、納得できる」結果に終わった。



試合後の応援席は、喜びもせず哀しむこともなく淡々としていた。

僅かだが、応援に疲れた空気はあった。



「残留争いから簡単に抜け出そう」と思わないほうがいい。と考えながら、帰路についた。

posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 22:19| Comment(0) | ブリオベッカ浦安(JFL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

第三者から見た「大阪ダービー」※但し、声出し目線

明治安田生命Jリーグには、有名なダービーがいくつかある。

おれの住んでいる関東では、「さいたまダービー」がサッカーファンの間で知られている。

特に、大宮公園サッカー場(NACK5スタジアム)での試合は臨場感があり、TVで観ていても雰囲気は素晴らしい。


関東以外で有名なダービーといえば、静岡ダービーだろう。どちらの本拠地も球技場だが、熱狂的なサポーターが陣取るエリアは、ピッチから少し高さが離れている。

他に有名なのは、「大阪ダービー」だ。

特に吹田スタジアムは、1F席であればピッチが近く、なおかつ屋根もある。


このスタジアムで、両チームの応援を勉強したくなり、カテゴリー2のチケットを購入。(セレッソには悪いけど、試合中はずっとガンバを応援していた)



そして、キックオフ90分前にスタジアムへ到着。

両サイドの自由席へ入るゲートには長蛇の列。フラッグやタイコを持つサポーターもいて、選手のスタジアム入りに合わせて応援していたことが分かる。


スタジアムに入場した後は、両チームのサポーターをじっくり観察した。
昨年の vs浦和 以来となる吹田スタジアムで、テンションも上がった。

昨年の観戦記:吹田スタジアムには魔物が棲んでいる


ガンバは、公式グッズ以外の掲示物・フラッグが使用禁止となっている。
IMG_4002.JPG

対するセレッソはフラッグを大量に振って、ビジュアルでも後押ししようとする気概は感じられた。
IMG_4001.JPG



ただ、セレッソの応援が、試合前から飛ばし過ぎでは?と疑問に思った。ガンバ以上に声援が大きかった。

一方、ガンバの応援は、試合前から飛ばし過ぎなんて思わなかった。


その後、選手紹介のアナウンスで、ずば抜けた実力のある選手には、相手チームのサポーターから大ブーイングが飛ぶ。
お互いに、わかってらっしゃる。

IMG_4017.JPG

ここで、ガンバのコールリーダーが、メイン・バックのガンバサポに向かって、声&手拍子で選手を後押しするようトラメガで伝える。「スタジアム全体で一体感を持った応援をしたい」考えが分かる。

いい雰囲気になったところで、選手入場。

両チームサポーターのテンションが急上昇する。

IMG_4024.JPG

IMG_4025.JPG


ガンバは、公式グッズ以外の掲示物・フラッグがない分、声援と手拍子が凄かった。

そして、キックオフ。

ダービーの雰囲気もあり、両チームとも出足が早い。球際の攻防が激しい。

昨年の vs浦和 を思い出させる。



前半はセレッソが優勢に進めていた。しかし、両チームの守備が光り、どちらも大きなチャンスはほとんどなし。スコアレスでハーフタイムに入る。


後半立ち上がり、ガンバ守備陣のミスもあり、セレッソの杉本が先制点をゲット。ガンバサポは10秒近く声が出ない。ショックの大きさが伝わる。

得点を取った杉本は、バック側のコーナーフラッグ近くで喜びを爆発させる。個人的に、この杉本の行動は「少しもったいない」と感じた。ビジター自由席の中心部へ駆け寄れば、セレッソサポのテンションはもっと上がったはず。


その後は五分五分の展開。ガンバのベンチは、アデミウソンを準備させていた。そのとき、追加点を狙った杉本のヘッドがバーを直撃。しかし、吹田スタジアムに「悲鳴や、変などよめき」は大して起きなかった。

昨年の観戦記にも書いたが、ガンバサポは「選手を後押しする」意味を分かっている。

そう思った直後。

サイドを走りまくっていた藤春のクロスから、ファンウィジョのヘッド炸裂。ガンバが同点に追いつく。

吹田スタジアムが大歓声に包まれる。ガンバサポのテンションが急上昇。


そして、アデミウソンを投入。ガンバは勝ち越しを狙う。

後半30分過ぎ、ガンバがCKのチャンスを得る。ガンバサポは、声援と手拍子の嵐で選手を後押しする。このとき、ホーム寄りのバックスタンドにいたが、おれの周りにも声援や手拍子を送る人が多い。セレッソの応援は、タイコの音がかすかに聞こえる程度だった。

何か起こる予感はあったが、三浦弦太がニアでドンピシャヘッド。GKのキム・ジンヒョンが反応できない完璧なゴールでガンバが勝ち越し。

このときの一体感は、おれの文章力では表現できない…


こうなると、ガンバの応援は「押せ押せ」モード。一方のセレッソの応援は、少しテンションが下がっているように思えた。

そんな空気の中、アデミウソンが決定的な追加点。セレッソサポは明らかに意気消沈。

ガンバのコールリーダーは、それに気づいていたか定かではないが、この場面で初めて↓のチャントを出す。



俺たちが 大阪さ 黒 俺らだけ


ガンバサポが、「誇らしげに」「堂々と」歌う様子が、この試合で1番印象に残ったシーンだ。


結局、このまま試合終了。吹田スタジアムで初開催となる大阪ダービーは、ガンバの勝利に終わった。


セレッソの応援が決して悪いとは思わなかったが、この日はガンバの応援が素晴らしかった。

「90分間、一体感を持って応援する」大切さを、改めて感じさせた一戦だった。

IMG_4047.JPG


posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 22:42| Comment(0) | その他J1J2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする