2018年03月31日

関東サッカーリーグ1部 チーム紹介

関東サッカーリーグ1部ってどういうチームがあるの?と思う人向けに、簡単なチーム紹介を記した。この記事を読んで、少しでも興味を持っていただければ幸いである。

紹介の他に、第三者の目線で「優勝オッズ」も加えた(もちろん、オッズは仮定)。



ブリオベッカ浦安(千葉県浦安市)
あくなき「楽しいサッカー」の追及
優勝オッズ:50倍
昨年前半戦の不振が響き、JFLでの活動はわずか2年間だった。後半戦は、柴田前監督のもとで安定した守備組織を作り上げていたが、バルサのサッカーを標榜する羽中田監督を招聘。あくまで、内容重視・攻撃重視のサッカーにこだわる。ピッチ外では、マスコットキャラクターの「べか彦くん」とスタジアムグルメの肉料理に注目。


栃木ウーヴァ(栃木県栃木市)
関東リーグの広州恒大
優勝オッズ:2倍
昨年のJFLでは最下位に沈み、久しぶりに関東リーグに戦いの場を移した。しかし、代表取締役に大栗崇司氏が就任すると、「アカデミー〜トップまでのフレーム構築」の一環で元Jリーガーを中心に大型補強を敢行。JFLの門番Honda FCを軽く倒せそうな選手層で、本気力(マジカラ)を見せつける!あくまでも昇格した先を見据えた陣容だ。


VONDS市原(千葉県市原市)
祖母井代表取締役兼GM誕生
優勝オッズ:4倍
昨年は地域チャンピオンズリーグ決勝ラウンド(昇格プレーオフ決勝のようなステージ)に駒を進めながら、わずかの差でJFL昇格を逃した。そのオフに、イビチャ・オシムをジェフの監督に迎えいれた祖母井秀隆氏が代表取締役兼GMに就任。
参考:オシム監督 (ジェフ市原・千葉監督)by中坊コラム
もともと関東リーグ屈指の選手層だったが、ここ数年の関東リーグで大活躍した選手を補強。
まるで、チェヨンス・村井慎二・茶野隆行を一遍に加入させるような手法だ。(祖母井氏がジェフのGMを務めていたとき、3人とも同じタイミングでジュビロに移籍)
自治体との関係も良好なチームは、どういった進化を見せるのか?


ジョイフル本田つくばFC(茨城県つくば市)
得点王を引き抜かれても
優勝オッズ:20倍
(レナチーニョを差し置き)昨年の関東リーグで得点王に輝いた選手が、VONDS市原に移籍。さらに、ベストイレブンに選ばれた選手も移籍。監督も交代。チームは過渡期を迎えているようだ。しかし、試合運営は、ホームチームアウェイチーム関わらず、素晴らしいの一言。臨場感と快適さを兼ね備えたスタジアムで、関東リーグの強豪を迎え撃つ。


東京ユナイテッドFC(東京都文京区)
人脈と学閥は日本一
優勝オッズ:4倍
前身のチームは、東京大学と慶應義塾大学のサッカー部OB有志が設立した。
共同代表は2人いる。1人は日本屈指のメガバンクに勤務。もう1人は日本一の広告代理店に勤務。
スポンサーも名だたる企業が名を連ねる。
明治安田生命J1リーグで活躍した選手や大学で主将を務めた選手が何人も在籍している。今以上に、人脈を学閥をフルに活用したら、恐ろしいチームになるだろう。


東京23フットボールクラブ(東京都江戸川区)
都民の誇りを目指して
優勝オッズ:20倍
東京23区から「街クラブとして」Jリーグを目指す。
東京都内でJリーグを目指すサッカーチームはいくつもあるが、JFLに最も近づいたのは、このクラブ。
羽中田前監督のバルサ路線から、今年はドイツ路線へと試行錯誤している。明治安田生命Jリーグで実績のある選手も補強し、熱いサポーターの声援も受けて突き進む。


ヴェルフェたかはら那須(栃木県矢板市)
魔境の関東。その中の秘境
優勝オッズ:30倍
国体のサッカー会場が矢板市になったことがキッカケにつくられたチーム。ホームゲームでは強い。
昨年のカップ戦で優勝しているので、地力はあるだろう。栃木ウーヴァからの加入選手も多く、台風の目となる要素はある。


流通経済大FC(茨城県龍ヶ崎市)
3軍といえ、日本一の強豪大学
優勝オッズ:40倍
昨年のインカレで、日本一に輝いた強豪大学の3軍。
Jリーガーを数多く輩出しており、RKUフットボールフィールドの入口には、その選手一覧が見られる。
3軍といえど、流経大柏卒の選手が数多く在籍することも予想される。勢いに乗せたら怖い存在だ。


横浜猛蹴(神奈川県横浜市)
アマチュアにこだわり続け
優勝オッズ:100倍
高校のサッカー部OBが設立。
一昨年の準優勝チームでもあり、戦術を徹底してくるイメージが強い。「アマチュア」「横浜」に誇りを持つ。スタメン選手の写真撮影時の面白いポーズに注目。


さいたまサッカークラブ(埼玉県さいたま市)
レッズやアルディージャより長い歴史
優勝オッズ:100倍
地元意識が強い。
埼玉県内では、Jリーグのチームよりも前から、活動を続けている伝統のあるチームだ。横浜猛蹴と同様に、アマチュアの意地を見せつける!?





おまけ:浦安のオッズについて
以下の出来事を冷静に振り返った結果である。


2年前、JFLで残留を果たした後のシーズンオフに、
チーム総得点の43%を叩きだしたストライカー
「チームの心臓」とたたえられたボランチが退団

来年のエースストライカーと期待していた選手が、衝撃の退団。
ひとつ下のカテゴリーに移籍。翌年、レナチーニョを抑えて得点王に輝く。

昨シーズンの開幕戦。八百長疑惑の掛かる選手交代が影響し、残留争いのライバルに勝ち切れず。

ストライカーが抜けたチームは、得点が取れない。
しかも、序盤の10試合中4試合で「後半35分以降に失点」。
守備組織が崩壊。勝ち点を取り切れず。

前半戦の15試合で勝ち点9。当然最下位。監督は解任。

新監督を招聘。前監督は強化部長の職に就く。

選手の弱点をカバーする組織を創り上げ、守備が劇的に改善。
内容は良くなるも、勝ちきれない試合が続く。

後半戦の15試合で勝ち点17を稼ぐも、前半戦の不振が響き降格。
リーグ最終戦終了4時間後に、監督の契約満了が発表される。

昨年末まで東京23FCを率いていた羽中田氏が新監督に就任。
(選手の退団&入団は入れ替えが激し過ぎるため省略)

上記の強化部長は、GM兼U-18監督に就任。

posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 14:08| Comment(0) | 「魔境の関東」平成最後の年ver | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関東サッカーリーグ1部観戦Q&A

 明治安田生命Jリーグを観に行ったことのある方でも、関東サッカーリーグ1部を観たことのある方は少ないと思います。そんな方にとって、少しでも手助けになればと思い、関東サッカーリーグ1部観戦Q&Aを作成しました。

 5部リーグで1部リーグと違って競技レベルは低いです(数名の選手除く)。それでも、仕事をしながら必死に戦う選手たちを応援したり、試合後に直接声を掛けられる等、1部リーグにはない魅力もあります。一部で有料試合もありますが、チケット代も高くないです。時間の空いたときに、実際に競技場で観戦していただければ嬉しいです!

Q 試合はいつ?
A 試合日程については、
 各チームのホームページもしくは関東サッカーリーグホームページを確認してください。
 交通機関がマヒしない程度の雨なら、試合は開催されます

Q チケットは?
A 関東サッカーリーグ1部は、入場無料の試合が多いです。
 有料試合(チケットが必要。当日券も販売)を行うホームチームは以下のとおりです。
 一部の試合は有料(試合情報を参考のこと)
 VONDS市原
 東京23FC


 全試合有料
 つくばFC
 栃木ウーヴァ
 ブリオベッカ浦安



Q 服装持ち物は?
A まず、服装は外出するときの格好であれば問題ありません。明治安田生命Jリーグのグッズを身に着ける方もいます。声出し応援する場所で、相手チームのグッズは身に着けないでください。
  観客席に屋根がないスタジアムがほとんどなので、雨天の場合はカッパ等の雨具が必要です。(傘は、他の観客の邪魔になる可能性が高いです)。
 持ち物も、特に制限はありません。(但し、小石川運動場は食事と飲酒が禁止されています)少ない予算で運営しているので、ゴミはお持ち帰りください。

Q 観客席はあるの?
 全くない競技場もあります。注意してください。小石川運動場は、タッチライン際で立ち見になります。
 以下に挙げる競技場は、簡易的な客席が少ししかありません。悪しからず。流通経済大学フットボールフィールドや日立ビルシステム大宮グラウンド、VONDSグリンパーク、駒沢オリンピック公園総合運動場補助競技場、東京多摩フットボールセンターや南豊ヶ丘フィールド、かもめパーク

Q スタジアムには、何時ころ着けばいい?
A  試合前の練習から観たい場合は、キックオフ40〜50分前に来場してください。
  試合だけ観たいという場合は、キックオフ10分前に来場すれば十分です。
  ただし、「小石川運動場での試合」と「上位チームの直接対決」は混雑します。特に、小石川運動場での試合はタッチライン際での観戦となるので、収容人数は非常に少ないです。ご注意ください。

Q  有料試合で再入場はできるの?
A  できます。再入場の際も、チケット提示をお忘れなく!

Q 一押しの選手は?
A いっぱいいるので、1名に絞るのは難しいです。

Q 試合後にサインはもらえるの?
  試合後に、「選手によるお見送り」や「ふれあいタイム」を設けているホームゲームであれば、もらえることが多いです。
posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 14:07| Comment(0) | 「魔境の関東」平成最後の年ver | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年の応援…開き直るしかない

この文章は、「ブリオベッカ浦安が好きな」1人のファンが書いている。
決してファン・サポーターの総意ではないので、あしからず。



昨シーズン、選手はベストを尽くした。しかし、降格してしまった。選手層は、他の強豪チームに比べれば薄い。「チームの弱点」が改善された様子もない。
サッカーは「弱連結のスポーツ」なのに…
(サッカーチームの強さはチームの中の選手の能力に依存するが、単純な相加平均ではなく、もっとも弱い選手の与えるマイナス影響の比重が高い。このためプロチームは似たような技量の選手が集まる傾向がある。そして補強は弱点の解消に金を使うのがもっとも効果的になる。 by 書籍「サッカー データ革命 ロングボールは時代遅れか」)


よって、試合結果だけを求めないで応援するつもり。心の中では、残留できれば合格点だ。

とはいえ、結果が出なくて、浦安市陸の観客が少なくなるのは寂しい。サッカーファンには、浦安市陸に来てもらいたい。


そのためには、どういった雰囲気をつくればいいのか?


ガンバ大阪の遠藤は、以下の提案をファンに伝えている。

遠藤選手フェアプレーメッセージ
惜しいシーンがあった時 ため息に近い 「あ〜」という声ではなく
このスタジアムでは 選手を奮起 促す意味で 低音で 「ウー」という声にしてみませんか?
スタジアム全体で この声が出せればファン・サポーターが一体感のある 雰囲気になるんじゃないかなと思います




飄々とプレーしているイメージの強い選手から、このような提案がなされたことは、大事だ。
(スペリオ城北の観客は、遠藤選手の提案に近い雰囲気を作れている。個人的には、とても居心地がよい。)


審判や相手選手に対して不快な野次を飛ばすことはもちろん、ため息ばかり出す観客については、


ムエタイをしているファンによって、タイキックの刑を執行する。

わけにはいかないので、


べか彦くんに槍で突いてもらいたい(サッカーでいう黄札)。

不快な野次やため息を繰り返した場合は、
べか彦くんによる、タイキックの刑を執行してもらいたい(サッカーでいう赤札。本気で蹴ってほしい)。



以上の提案は、半分本気で書いている。
肝心な応援については、真剣になりつつ余裕を見せることができれば、理想的だ。

相手チームの好プレーには、下の動画のような行動を取るかもしれない。



魔境の関東を盛り上げるのも、つまらなくするのも、「心の持ちよう」で全然違う。
posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 14:02| Comment(0) | 応援の考え方・自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

清心温泉さんの新たな一歩!?

おれは、首都圏が生活の基盤だ。しかし、何回も岡山にある清心温泉へ足を運んでいる。


1回目 岡山駅近の「清心温泉」 スポーツファンにはたまらない!

2回目 365日ぶりの清心温泉(岡山駅近)

しかし、昨年11月に全焼してしまった。

清心温泉さんに「感謝」

おまけ:未熟な声出しは、清心温泉を目指す!

そんな中、清心温泉に、新たな動きが出てきた。

「悪あがき」「到底無理」とも思える。それでも、一歩を踏み出した。


銭湯の常連さん数人とは話をしたこともある。(学生時代も今も友達が少ない)おれでも、違和感なく接してくれたことは、よく覚えている。

この場所には「不思議な一体感」があった。

「ひとつになっている」空気が漂っている。


普通の銭湯よりも設備が劣っている分だけ、利用するお客さんの「協力なしには成り立たない」場所であることが大きな理由だろう。
設備は劣っているけど、それを補うため、焼鳥テラスや惜しげも無い野球グッズの展示かあった。


番頭さんと常連(になった)客との関係性を見ていると、
「類は友を呼ぶ」という言葉がピッタリだ。


(でも、番頭さんは「使う」立場。常連さんは「使われる」立場。になることが多い)


常連さんも、普通のお客さんも、年齢層が幅広いのも、清心温泉の特徴である。

小学生〜大学生の若い利用客も多い。清心温泉は「銭湯」なので、たくさんの人から、いっぱい話を聞いているのだろう。スマホばかりいじっている学生さんと比べて、最低限のあいさつや、話の受け答えがよくできている。おれにも、こんな「コミュニケーション能力」があれば…と何回思ったことだろう。


そんな常連さん、中でも、若い利用客たちが、笑顔で居られる舞台が無くなったのは残念だ。
「自分らしく居られる場所」(言い換えるならコミュニティ)を、何らかの形で存続できないのだろうか?


全焼から少し時間は経ったが、「悪あがき」「到底無理」とも言える、支援の輪が少しずつ大きくなろうとしている。


おれは、
IMG_4873.JPG

「礼儀・感謝・謙虚」を持っているか自問自答して、「ちょっと尖った個性」を持ちつつ支援の輪に入りたいと思う。

今はほとんど野球場には行かないが、
野球に例えると、おれは、21点負けている9回でも応援するような人間だ。

カープの応援団長だった【かりべやすお】さん
posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 00:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

平成29年ホーム最終戦 べか彦くん(まとめ)

ななはん@Jマスコット壁打ち垢 さんが、平成29年のブリオベッカ浦安ホーム最終戦で撮影した「べか彦くん」の写真まとめです。

「べか彦くん」は、ブリオベッカ浦安というサッカーチームのホームゲームがあるときに、浦安市運動公園陸上競技場へ行けば会えます。
参考・浦安市運動公園陸上競技場へのアクセス

東京からすぐなので、是非遊びに来てください!!


以下、「べか彦くん」を撮影した写真ツイートのまとめです。






































































































































































































































































注:上松選手はガイナーレ鳥取へ「個人昇格」しました。











































































































































posted by 東スポ(東小岩スポーツ) at 22:40| 「魔境の関東」平成最後の年ver | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする